映画-Movie Walker > 作品を探す > カラヴァッジョ 天才画家の光と影

カラヴァッジョ 天才画家の光と影の画像

16世紀のイタリアを代表する天才画家カラヴァッジョ。愛に情熱的で信念を貫き通す、そんな彼のローマ、ナポリ、シチリアなどイタリア流転の人生をドラマチックに描き出す。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 11
レビュー 6
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (7)
星3つ 28% (2)
星2つ 14% (1)
星1つ 14% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ミラノで絵の修行をしていたカラヴァッジョ(アレッシオ・ボーニ)は、コロンナ公爵夫人の援助を得て、芸術の都ローマにやってくる。知り合った画家のマリオ(パオロ・ブリグリア)をモデルに絵を描いて暮らすが、日々の糧にも困る惨状。そんな彼に救いの手を差し伸べたのはデル・モンテ枢機卿(ジョルディ・モリャ)。枢機卿の援助で生活の安定を得たカラヴァッジョは、高級娼婦フィリデ(クレール・ケーム)をモデルに絵を描く機会を得る。フィリデは彼の絵に感銘を受け、2人は激しく愛し合う。続いて彼女をモデルに『ホロフェルネスの首を斬るユディト』を完成させたカラヴァッジョだったが、娼婦としての彼女を受け容れられず、別れが訪れる。こうして放蕩に明け暮れていたところ、サン・ルイジ・デイ・フランチェージ聖堂の絵画制作を依頼され、『聖マタイの召使』『聖マタイの殉教』を完成。これによりローマ中の賞賛を浴びる。さらに『聖マタイと天使』を描くものの、聖人が人間的過ぎると言う理由で教会が受け取りを拒否。街角の喧嘩にその悔しさをぶつけるのだった。その頃、デル・モンテ枢機卿は教会内での力を失い、彼は宮殿を出て街の娘レナ(サラ・フェルバーバウム)とともに暮らす。レナの信頼と愛情に、彼は安らぎを覚える。だが、レナを教皇に献上する絵のモデルにしたことで非難を浴び、怒りに任せて行った決闘で重傷を負う。コロンナ公爵夫人の看病で一命を取り留めるが、そこへ死刑宣告の通達が。公爵夫人の息子の計らいでマルタ騎士団の庇護を得てマルタに渡り、さらにシチリアへ。そこでマリオと再会し、残った力を振り絞るように絵に取り組む。やがて、枢機卿や公爵夫人の助命嘆願が功を奏し、教皇から恩赦の知らせが届く。ローマに戻れる喜びに震えるカラヴァッジョ。だが、ローマに戻る途中、港で誤認逮捕されてしまう。離れていく船に追いつこうとする彼に、死の影が忍び寄る……。

見たい映画に
登録した人
6

作品データ

原題 Caravaggio
製作年 2007年
製作国 イタリア フランス スペイン ドイツ
配給 東京テアトル(提供 東京テアトル=ポニーキャニオン)
上映時間 133
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

カラヴァッジョ アレッシオ・ボーニ
娼婦フィリデ クレール・ケーム
デル・モンテ枢機卿 ジョルディ・モリャ
マリオ・ミンニーティ パオロ・ブリグリア
オノリオ・ロンギ ベンジャミン・サドラー
コンスタンツァ・コロンナ侯爵夫人 エレナ・ソフィア・リッチ
レナ サラ・フェルバーバウム
ラヌッチョ・トマッソーニ マウリッツィオ・ドナドーニ
アロフ・ドゥ・ヴィニャクール フランソワ・モンターギュ
ファブリツィオ・コロンナ ルベン・リジッロ
ルチア・メリージ マルタ・ビファノ
ベアトリーチェ・チェンチ マリア・エレナ・ヴァンドーネ
ズッカリ シモーネ・コロンバーリ
イッポリトマラスピーナ マルチェッロ・カタラーノ
ジョバンニ・デ・ポンテ パオロ・ジョヴァッヌッチ
シピオーネ・ボルゲーゼ ルイージ・ディペルティ

レビュー

観ごたえあり。

投稿者:モンモランシー

(投稿日:2010/07/06)

芸術家を描くとどうも嘘っぽさが垣間見える事が多いんですが。 …

[続きを読む]

支持者:0人

カラヴァッジョをよく知らない方は是非見て下さい

投稿者:葉月

(投稿日:2010/04/08)

オープニングのタイトルで珍しくぞくっとした。果物籠の果物がい…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > カラヴァッジョ 天才画家の光と影