映画-Movie Walker > 作品を探す > PLANETARIUM(2009)

2人の小説家が“星”と“本”をキーワードに競作した短編映画。「PLANETARIUM」は、ラジオドラマ『虹の女神』で脚本・監督を務めた桜井亜美が監督、女優の上野樹里が特別監督を担当。出演は、映画初出演の中谷友保

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

キョウ(中谷友保)は父親を知らない。ホーム育ちで天涯孤独なメイ(リーザ)とはただのクラスメイトだったが、エララ・ジョヴィアンの著書『冬のプラネタリウム』を介して結ばれていく。2人はお互いの存在を頼りに生きていくと誓い合い、夜空のプラネタリウムに守られながら、明るい未来をつかもうとしていた。しかし、メイの妊娠が発覚する。新しい生命を迎える不安が、2人の幸福に影を落とし始める。周囲の無理解や自分たちへの自問自答、そして謎に包まれていた作家エララ・ジョヴィアンの正体など、2人を包む運命は大きく動き出していく。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 PLANETARIUM
製作年 2009年
製作国 日本
上映時間 42
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 桜井亜美
製作 桜井亜美
特別監督 上野樹里
脚本 桜井亜美
撮影 桜井亜美新生璃人
音楽 臼井嗣人嵯峨絹子上野まな
編集 桜井亜美
録音 田村智之宮川拓
照明 大橋翼
題字/タイトル カイシトモヤ
制作 高原成博中川和博
整音 田村智之宮川拓
撮影助手 米田浩章島田考輔
アニメ原画 佐野久美子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
スキャンダル
スキャンダル

2016年に実際に起きたスキャンダルの裏側を描いたシャーリーズ・セロン主演の物語

1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

チャーリーズ・エンジェル
チャーリーズ・エンジェル

2000年、2003年に公開されたアクションシリーズの出演者を一新したリブート版

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > PLANETARIUM(2009)