映画-Movie Walker > 作品を探す > てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡 > レビュー

投稿レビュー(24件)てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡は星3つ

45分×6話の連ドラにした方が・・・ (投稿日:2012年1月8日)

学者でもない一般の方が
世界中で誰もできなかったことを
成し遂げるまでのサクセスストーリー。
実話に基づいていると聞けば
何となく感動の構図がわかっているような~

でも、実際には海で生きている(!)珊瑚を見た事がないし
まして、生き物と言う確信もないような知識でしたので
かなり期待もして、試写会に参加させていただきました。

母親から「欠陥品」呼ばわりされている健司は
沖縄の海が変っていく様子を憂いて
サンゴを人口に育て、海に移植を始めます。
小さい頃から、健司を理解している妻はもちろん
その人柄から多くの協力者を得るのですが~

成功を見届けた瞬間、狂喜乱舞する仲間たちの中で
白い歯を見せて静かに微笑むだけ~
健司役の岡村さんのその場面の演技が心に残りました。
明るくて元気な沖縄のおばちゃん~
お母さん役の原田美枝子さんもすごく良かった!

全体に流れているcobaさんの音楽もステキ!
沖縄の海は碧く、漁船の迫力がすごいです。

ただ、成功までの道のりで待ち受ける困難が
ドキュメンタリー風の演出で
起こった事が順に語られるのですが
そこにメリハリがないというか
同じような小ずるそうな中年の男性の登場ばかりで。

そこをもっとドラマチックに演出するか
ひとつひとつの事件を回ごとに語る
連続ドラマのほうが、より感動が味わえた気がします。 »ガイドライン違反報告

投稿:ほし★ママ。

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

リラックスしてみるといいかも (投稿日:2011年8月31日)

岡村さんをキャスティングした監督がすごいと思います。
言い方があれですけど、あまり演技が上手くないところが作品の優しさを引き立てているようです。

右往左往しながらサンゴの養殖を目指す、心温まるストーリーです。
沖縄好きにはたまらん。 »ガイドライン違反報告

投稿:こじ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

普通に見てよかったな・・・。 (投稿日:2011年8月8日)

欲を言えば。。方言が沖縄の味を出すつもりなら・・。やはり沖縄の人が配役のがよかったのかも。無理があるな~~。作品は普通に楽しくみれました。見てよかったとおもいます。 »ガイドライン違反報告

投稿:wacha

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

うーん (投稿日:2010年5月27日)

4/19 てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~を見て来ました。
沖縄の海に居なくなったサンゴを増やそう、という活動を始めた方のストーリーです。
こういう、海を汚しちゃいけないよ、という、環境を大切にストーリーは大好きです。

とっても期待して見に行きましたが、それほど感動も無く、薄っぺらでイマイチでした。
もう少し、海が綺麗だったときの映像と比較して、サンゴが死んだ海の映像を出して欲しかったです。

外から見ただけじゃ判らないけれど、海に潜ると、どれだけ綺麗な海の中が壊滅状態になったのか・・・
そういうショッキングな映像も必要だったのでは、と思いながら見ました。

以前、私はダイビングをしていました。
サイパンでダイビングをしたら、10年前のサイパンの海と大違いでビックリしたことがありました。
10年前に潜ったときはサンゴ礁がキレイな海だったのが、サンゴ礁が壊滅状態。
ゴルフ場開発のため、土砂が大量に海に流され、土砂がサンゴを死滅させてしまったからです。
死んだサンゴには魚が寄りつかず、海の中は砂だらけ。
あんなに鮮やかな魚でいっぱいだったのに・・・・。
外から見ると青く綺麗な海だけれど、実際に海に潜らないと判らない、ショッキングな状態に悲しくなったのを思い出しました。

この映画で、海の中でサンゴがどういう働きをするのか、
なんでサンゴが大事で増やそうと思ったのか、
温暖化になるとサンゴは、海の生物はどうしちゃうのか、
などなど、もっと、伝えるべきことがあったはずです。

お笑いをしている時のナイナイの岡村さん、私は大好きです。
だけれど、彼が沖縄の方言でしゃべっていたのですが、どうも話し方がワザとらし過ぎて耳障りでした。
まるで、お笑い芸人ガレッジセールの婦達が、大げさに沖縄の方言で話すときのワザとらしい感じと似ていて、イヤでした。
»ガイドライン違反報告

投稿:みっちゃん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

のんびり見れました (投稿日:2010年5月11日)

沖縄の海の美しさを伝えるために丁寧に撮影されていた。
沖縄の方言のイントネーションも心地良く、最後までのんびり気分で見る事が出来た。
主人公が自分の傍に居たら変人だと思うかも。継続は力なり、とはよく言ったものだ。
それにしても原田美枝子は何を演らせても上手いなぁ。 »ガイドライン違反報告

投稿:おさおさ

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

友ありて…… (投稿日:2010年5月3日)

 分かりやすくストレートに楽しめる作品。幼いときからの友達が、自分たちの街で夢を持ちながら生き生き、手を携えていく友情物語の印象が強く、「こんな生き方ができたらいいな」とうらやましく思えた。松雪泰子は、何故かこのような健気な女性が似合う。エンディングで、ひどく懐かしい歌声が聞こえたのでタイトルバックを最後まで観ていたら「山下達郎」とあり、旧友に再会したようなうれしさを感じた。 »ガイドライン違反報告

投稿:ヘンマニア

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

素晴らしい題材・・・でも、まとまりがなぁ・・・ (投稿日:2010年5月2日)

 これは、沖縄で養殖サンゴの移植による珊瑚礁の保全・再生に取り組み、2007年度の「人間力大賞」を受賞した金城浩二さんの実話を元に映画化したもの。

 金城健司は、子供の頃から海と生き物が大好き。
 仕事に失敗し、借金を抱えて故郷の沖縄に帰ってきた健司は、新たにバーを始めて成功させ、幼なじみの由莉と結婚。やがて2人の子供にも恵まれる。
 しかし、友人のダイバーの仕事を手伝っていた彼は、荒廃し、危機に瀕したサンゴ礁を目の当たりにし、ある決意を固める。
 健司は、繁盛している店を閉め、サンゴの養殖を始めると皆に宣言するが・・・

 この映画、主演は、ナインティナインの岡村隆史。でも、得意のお笑いをほぼ封印し、ダイビングのシーンも含め、全部自分で演じるなど、力が入っています。
 映画のテーマも、単なるサンゴ繁殖と、環境保護に終わらない、家族や仲間の大切さ、夢を追いかけることの大切を伝える、素晴らしいもの。
 心を打つシーンもあり、感動も出来るのですが、この映画、出来映えとしては残念と言わざるを得ません。
 問題は、沖縄の抱える様々な問題(この映画が取り上げる環境問題の他にある、基地問題や経済的な問題など)をスルーしてしまった事、それから映画の構成。
 実話を元にしていると言っても、主人公の名前を変えている時点でフィクションが入っているのですから、多少の脚色はあって当然。
 映画の前半は、コミカルでもいいから、明るく楽しく、中盤に、沖縄の抱える問題を絡めつつ主人公の苦労話を入れ、クライマックスで解決するように持って行けば、この物語、もっと面白くなったように思います。

 勿論、実話を元にした映画ですから「こう言う事があったんだ」と判ればいい、と言う部分はありますし、それはそれで映画の存在価値に成り得ますが、それだけだったらドキュメンタリーを撮ればいい。
 そうしないのであれば、せっかくの題材、もっと美味しく料理し、きちんと1本の映画にまとめて欲しかったと言う印象です。 »ガイドライン違反報告

投稿:はら

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

想像した通りの出来です (投稿日:2010年4月30日)

予告編で観た以上の物を、全く感じる事が出来なかった。

主演の岡村は本来役者ではないが、脇をベテラン勢が固めている事が幸いして?可も無し不可も無しと言ったレベルの仕事となっている。

映画の出来をうんぬんするより、珊瑚の産卵シーンが素晴らしい。これだけで観る価値が有ったと言ったら言い過ぎか?

下手な人間の小細工よりも、大自然の神秘の方が遥かに感動出来ると言う、当たり前の様な事を再認識した。 »ガイドライン違反報告

投稿:じぇふりぃちゅうぶ

評価:2
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

サンゴの産卵に感動♪ (投稿日:2010年4月29日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

主人公の酔狂なこと…これが実在と思うとビックリでおます。
なんせ、彼を見とると思わず「止めとき」とか「止めんとき」とか「あかんあかん」の連発でおます。
そんな世間ずれした常識外れやから偉業を成せたんでしょうねぇ。

ドラマチックに演出はされちょりましょうが山あり谷あり(いぇいぇ、殆ど谷だらけ…)で、大団円の結末は知っちょりながらも、貰泣きしハラハラドキドキしまんなぁ。

けど、一番の感動はサンゴの産卵シーン♪やっぱ作り物よか現実の自然でんなぁ。

ところで、岡村の沖縄方言ってどうなん?なんか違和感が…! »ガイドライン違反報告

投稿:koni

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ムービースター岡村 (投稿日:2010年4月27日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

ストーリーは笑いあり、涙ありの全体的にドタバタ劇です。たまにわざとらしいお涙頂戴シーンがありますが、ついついウルウルしてしまいました。
ムービースター岡村も松雪泰子も方言がんばってました。松雪泰子はほんとに美しい。色が白すぎて沖縄の人には見えないけどネ。

珊瑚の産卵をアレだけ近く撮ったカメラマンは本当にすごいなぁ~、とオモイマシタ。DEEP BLUEやTHE EARTH、OCEANSにもあんな映像はなかったんじゃないかな?

ダイバーも潜るだけでちょびっと海に悪いことしてるんだよな、とちょっと複雑な気分になる映画でしたけど、海様に迷惑をかけないようにひっそり潜りましょう。
»ガイドライン違反報告

投稿:に~まん

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡 > レビュー