映画-Movie Walker > 作品を探す > utsuroi 写真家18人からのメッセージ

フィルムが失くなりつつある今、その存在を次世代に残そうとする広告写真家を中心とした運動“ゼラチンシルバーセッション”が2007年に行った8時間に及ぶトークセッションの記録映像をベースに、新たに追加取材した映像を加えたドキュメンタリー。監督は、ゼラチンシルバーセッションのプロデューサー・澤野計

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

“フィルムが失くなる”という危機を感じた広告写真家が中心となり、フィルムを次世代に残そうという草の根運動“ゼラチンシルバーセッション”が始まった。運動の開始から3年が経った2007年、延べ8時間にも及ぶトークセッションが行われた。このドキュメンタリーはその記録映像を軸に、新たに追加取材した映像を加え、東京という街を見つめる。写真家たちの想いは交錯し、衝突しながらリレーされていく。そのメッセージを橋渡しする街の映像詩は喧騒のリズムを奏で、積み重なり、語りかける。古典的写真技法プラチナプリントと追求する写真家、大型カメラを作る職人、貸し暗室を基盤に写真文化を伝えようとする活動家たちの姿は、シンプルで尊い信念を伝えている。溢れる街のエネルギーが噴出するエンディングシーンに重なるアコースティックギターの静かなメロディは、観客を胸深く辿る旅へ導いていく。これはフィルムのことを通じて考える、発展する社会からこぼれおちた時代のメッセージである。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
配給 スーパーストア
上映時間 79
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 澤野計
プロデューサー 澤野計
撮影 梶本幸孝
音楽 クリス・ホウ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
世界から希望が消えたなら。
世界から希望が消えたなら。

赤羽博監督がメガホンを取り竹内久顕が映画初主演する余命宣告を受けたある男の物語

ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > utsuroi 写真家18人からのメッセージ