食堂かたつむり|MOVIE WALKER PRESS
MENU

食堂かたつむり

2010年2月6日公開,119分
  • 上映館を探す

小川糸のベストセラーを柴咲コウ主演で映画化。心因性失声性になった主人公が、愛情を込めた料理で幸せを呼び込む姿を描く。料理を作るシーンもすべて吹き替えなしで撮影。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

失恋のショックで声を失った倫子は、疎遠だった母・ルリコが暮らす田舎で小さな食堂を始め、倫子の料理を食べると願いがかなうとうわさされるほどに。ルリコが末期がんだと知った倫子は、ルリコのために料理を作ろうと決意する。

作品データ

製作年
2010年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
119分

[c]2010「食堂かたつむり」フィルムパートナーズ [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • ユーキ

    3
    2012/6/3

    密かな楽しみにしていた佐藤二朗さんの使い方が平凡すぎて残念。
    幼獣マメシバのような特異キャラにしてほしかった~
    三浦友和さんは『沈まぬ太陽』で悪徳ぶりを見たばかりでしたが、今回は『ALWAYS 三丁目の夕日』とかぶるキャラでした。
    余貴美子さんは相変わらずのマルチぶりを発揮してました。
    ホントに何でもできる女優さんですよね。
    今回は入浴シーンでセミヌードも披露しています。
    江波杏子さんのビフォア、アフターの変身ぶりは見ものです。
    原作のスローライフな雰囲気を映画ではアニメーションCGを利用してかわいらしく仕上げていました。
    母子のドラマというよりはファンタジー要素が強く感じます。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • はぐ

    4
    2012/2/2

    ふだん安さと速さ重視で料理をしている私ですが、
    こんな風に、丁寧に気持ちを込めて料理をするって
    素敵だなって思いました。

    ときどき挟まるアニメタッチの
    回想シーンが、アクセントになっています。

    やっぱり料理系の映画って
    好きだな(*^_^*)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ほし★ママ。

    5
    2012/1/7

    ミュージカル風演出、アニメーション
    舞台っぽいシーンもあるし、動物もいっぱい出て来ます・・・

    テーブルの上に「和食」「フレンチ」「中華」に
    「エスニック料理」も並んでいて、ちょっと戸惑うけど
    お箸をつけてみたら、どれも美味しい♪
    厳選した素材を使って、愛情こめて丁寧に調理し
    バランスよく作られているから。

    そんな作品でした。

    美味しいお料理を食べると誰でも笑顔になれる。
    もしかしたら、小さな奇跡が起きるかもしれないし
    優しい眠りに誘われて、ステキな夢を見れるかも♪

    でも、美味しい料理をいただけるのには
    作ってくれている人の色々な思い(時には辛い気持ちも)と
    命をくれる存在なくしては叶わない…

    自然素材のファッションにそばかすだらけのノーメーク
    ぬか床以外の全ての物と声まで失った輪子が
    調理をして健気に生きる姿は、本当に可愛いくて愛しい。
    見守って支えてあげたくなりますが、実は一番強い!
    柴崎コウちゃんが本当になりきって演じておられました。

    佐藤二朗さん、ブラザー・トムさん、田中哲司さん…と
    個性的な役者さんが脇を固めているのも、とても楽しめます。
    さすがの江波杏子さんの怪演は見逃せません。
    満島ひかりちゃん、やはり「一癖」ある役!

    ポップでファンキーでぶっ飛んでる
    おかん・余貴美子さんが、また最高でした。
    『おぎゃぁ』『ホテル・ハイビスカス』と本作・・・
    この方のお母さん役には
    危なっかしいようで不思議な安心感があります。
    娘を思う母の気持ちが切ないです。
    そして大いに共感しました。

    是非、観て感じて味わって下さい。
    ただし、空腹の時に観ると辛いです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告