映画-Movie Walker > 作品を探す > 地獄で握手しろ

「生きていた男」「八十日間世界一周」のマイケル・アンダーソンが製作・監督したアイルランド革命のドラマ。リアドン・コナーの原作をアイヴァン・ゴッフとベン・ロバーツが脚色、マリアン・トンプスンが潤色した。撮影はアーウィン・ヒリアー。音楽はウィリアム・オルウィン。出演するのは「千の顔を持つ男」のジェームズ・キャグニーの他、ドン・マレイ、ダナ・ウィンターグリニス・ジョンズ、シリル・キューザックら。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1912年、アイルランド独立運動のゲリラ闘争は日に日に激しくなり、英軍を悩ませた。アメリカ人の青年オーシェ(ドン・マレイ)は両親がアイルランド生まれなので、ダブリンの医科大学に留学していた。オーシェは友人ノーランから独立運動の秘密結社IRAに入れと勧められたが断った。2人は酒場の帰りに英軍トラック爆破事件にまきこまれた。ノーランは死んだ。手当をしたのはレナハン教授(ジェームズ・キャグニー)だ。英軍に追われる身となったオーシェをレナハンはIRAの地下本部に連れて行き、将軍と呼ばれる指導者に紹介した。彼は亡き父の旧友だった。オーシェは密出国するために、南方海岸の隠れ家に移った。そこで何人かの独立の闘士や酒場の女キティ(グリニス・ジョンズ)を知った。ある日、指導者の1人が密出国することになった。彼を運んだフィツヒュー夫人は計画がばれ、オーシェと共に捕った。彼の自白を心配したレナハンは、英軍に変装して彼を救出した。これを機会にオーシェは独立運動に参加することになった。フィツヒュー夫人に懲役刑が課せられた。レナハンは彼女を釈放させるため、英政府高官の娘ジェニファー(ダナ・ウィンター)を人質として誘拐した。負傷した彼女をオーシェは親切に看護した。彼女は初め彼を憎んでいたが、やがて2人は愛し合うようになった。レナハンの1隊は港で警備隊の隊長襲撃に成功した。その時、居合せたキティは流れ弾に当り死んだ。IRAと政府の和平交渉が始まった。将軍はロンドンへ向った。狂信的なレナハンは妥協に反対した。フィツヒュー夫人が牢死した。レナハンはジェニファーを殺そうとした。平和を目の前にひかえた今、オーシェは彼に無用の殺人をやめろといったが、彼はきかなかった。オーシェは涙をのんで恩師を射殺した。多くの犠牲者を出した独立運動の終わりも近かった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Shake Hands with the Devil
製作年 1959年
製作国 アメリカ
配給 ユナイテッド・アーチスツ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ライオン・キング
ライオン・キング

ディズニーの人気アニメーション『ライオン・キング』を新たな映像表現で実写映画化

天気の子
天気の子

家出少年と不思議な能力を持つ少女の恋の物語を紡ぐ、新海誠監督によるアニメーション

ダンスウィズミー
ダンスウィズミー

矢口史靖監督が三吉彩花を主演に自ら脚本も手掛けて挑む初のミュージカルコメディ

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 地獄で握手しろ