映画-Movie Walker > 作品を探す > 今日からヒットマン

今日からヒットマンの画像

「週刊漫画ゴラク」で連載中のむとうひろしの同名人気漫画を、人気俳優・武田真治主演で実写映画化。伝説の殺し屋の名を継いでしまった男の奮闘を描くアクション・コメディ。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

34歳の平凡なサラリーマン、稲葉十吉(武田真治)は念願のマイホームを購入し、美人妻・美沙子(星野真里)との新婚生活を送っていた。一部上場の食品会社に勤める彼は、得意の話術で数々のトラブルを切り抜けてきた営業マンだったが、ある日の帰り道、飲酒運転で事故を起こしてしまう。恐る恐る外に出ると、目の前に銃を持った男が立っている。男は殺し屋“二丁”(黄川田将也)と名乗り、一方的に殺しの心得を語ると、十吉に自分の仕事を託して死んでしまう。しかも、“コンビニ”という24時間営業の犯罪グループに「標的が死なず、自分の女が助からなければ、稲葉十吉とその家族を殺してくれ」と依頼していたのだった。このままでは、自分も妻も殺される、と察知した十吉は“二丁”の銃を尻と股間に隠して標的のもとへと向かった。“二丁”の女・ちなつ(森下悠里)を連れて現れた標的は、十吉に伝説のヒットマン“二丁”の証拠=股間を見せろと言ってきた。“二丁”という名は、股間にマグナムをぶら下げているので付いたあだ名らしい。十吉にそんなモノはなかったが、いま股間には本物のマグナムがある。その時、ちなつの口元が動き、「ハ・ヤ・ク・ブ・チ・コ・ン・デ」というその言葉を合図に、十吉は夢中で引き金を引いた。意外にも目的を果たしてホッとする十吉であったが、“コンビニ”の支店長・丸メガネ(津田寛治)が現れ、事故車の処分と死体の清掃代を請求してくる。しかも、ちなつが一緒に借金を返そうと微笑んでいた……。数時間後、十吉はちなつから裏の仕事の依頼を受けるが、凄腕の殺し屋や犯罪組織“スーパーマーケット”が今や伝説のヒットマン“二丁”となった十吉の命を狙いにやってくる。サラリーマンとヒットマン、突然にして強引に始まったこの二重生活はいったいいつまで続くのか……?

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
配給 東映ビデオ
上映時間 101
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 横井健司
製作 石井徹
プロデューサー 瀬戸恒雄前田茂司
原作 むとうひろし
脚本 イケタニマサオ我妻正義
企画 石井徹
撮影 齋藤和弘
音楽 遠藤浩二
主題曲/主題歌 武田真治
美術 山本直輝
編集 難波智佳子
録音 永口靖
音響効果 渋谷圭介
キャスティング 伊東雅子
助監督 明山智
ライン・プロデューサー 小松俊喜
撮影監督 下元哲
整音 吉田憲義
制作担当 善田真也

キャスト

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 今日からヒットマン