映画-Movie Walker > 作品を探す > ワカラナイ

ワカラナイの画像

「バッシング」など、海外の映画祭で高い評価を受ける小林政広監督によるヒューマンドラマ。16歳の少年の姿を通して、底知れぬ孤独を抱える現代の若者像を描き出す。

5/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

母子家庭で育ち16歳になる川井亮(小林優斗)は、田舎町の粗末なアパートでひとり暮らし。入院中の母・伸子(渡辺真起子)を抱えながらも、コンビニのアルバイトで生計を立ててきたが、母の闘病生活が長引くにつれ日々の食事すら満足にできなくなってきた。今日もバイト先のコンビニでレジをごまかし、おにぎりやサンドイッチを持ち帰り空腹を満たす日が続く。同僚の木澤(柄本時生)も亮を気遣うが、誰も彼の孤独を埋めることはできなかった。夏休みのある日、レジのごまかしが店長に見つかり、亮はアルバイト先をクビになる。生活の糧を失い戸惑う亮は、やりきれない思いでひとり秘密の場所で父の住む東京の地図と、父と幼い頃の自分の写真を見つめる。それは亮にとって現実から目をそらすことのできる唯一の瞬間であった。頼るあてもなく入院中の母のもとを訪ねるが、希望を失った母は父への不満をぶつけるばかり。亮は張りつめていた気持ちが一気に崩れてしまう。そんなある日、母の死が訪れる。病院への支払いや葬儀代の工面という現実に追い込まれ、亮の不安と絶望は頂点に達する。アルバイト代の残りも底をつき、亮は母親の亡骸を自らの手で葬ることを決意。亮は、美しく青く塗られた小さなボートで母を海に送るのだった。一人きりの葬儀の後、亮は住み慣れたアパートを出て、父のいる東京へと向かう。ようやく父との再会を果たす亮。だが、そこには幸福とは程遠い現実が待っていた……。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
配給 ティジョイ
上映時間 104
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小林政広
製作 小林直子
プロデューサー 小林政広
脚本 小林政広
主題歌 いとうたかお
編集 金子尚樹
録音 福岡博美
サウンド・デザイン 横山達夫
助監督 下田達史
照明 藤井勇
ライン・プロデューサー 川瀬準也
撮影監督 伊藤潔

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ワカラナイ