映画-Movie Walker > 作品を探す > Gメン対間諜

ルイ・ド・ロシュモンの製作による、いわゆるセミ・ドキュメンタリーの第1弾として1945年に発表された作品。チャールズ・G・ブースの原作より、ブース及び「戦慄の調べ」のバリー・リンドン「マドレーヌ街13番」のジョン・モンクス・ジュニアと協力した脚本を、「出獄」のヘンリー・ハサウェイが監督した。撮影はノーバート・ブロディン、音楽はデイヴィッド・バトロフが担当している。「聖処女」のウィリアム・アイス、「山荘物語」のロイド・ノーラン、「モナリザの微笑」のシグネ・ハッソを中心に、ジーン・ロックハートレオ・G・キャロルらが共演し、ワシントン、ニューヨークの実景をめぐって実在のFBI官憲が多数出演する。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1939年、ドイツ系米人ビル・ディートリック(ウィリアム・アイス)は大学在学中ナチに、ドイツ・ハンブルグにあるスパイ養成所へ入所するよう勧告された。ビルはそれを連邦検察局(FBI)に通報した後、その命令でハンブルグに渡った。当時FBIは駐米ドイツ大使館を根城にしているナチスパイを賢明に探索中で、特に“クリストファ氏”と称せられるスパイが「計画97号」と呼ばれた原子機密を狙っている事実に対しては、部長ジョージ・ブリッグス(ロイド・ノーラン)自身が陣頭指揮に当ってこれを防衛しようとしていた。一方、“クリストファ氏”の統括下に入るべくニューヨークに帰って来たビルは、ハンブルグで受けた命令通り、92丁目に衣裳店を構えるエルザ・ゲブハルト(シグネ・ハッソ)に、FBIによって巧みに書換えられた信任状を提出しスパイ活動をすることになった。FBIは、隠されたカメラでビルを訪問する人々の言動をすべて撮影し、ビルがエルザの命により短波でドイツへ送ることになった情報を傍受した上、内容を変改してドイツに中継した。やがてFBIは、アプルトンの科学実験所員チャールズ・ローパー(ジーン・ロックハート)が原子機密を持出し“クリストファ氏”に渡している事実を突きとめた。しかし彼を検挙した時、すでに最重要データはエルザの手を経てドイツに発信されるまでになっており、しかもビルは信任状の虚偽を見破られてひそかに処分されようとしていた。FBIは92丁目の家を取まき、激しい拳銃戦が起った。エルザは男装の上データを持って逃亡しようと図ったが部下の1人がその姿をFBIと誤認して彼女を射ち倒した。かくしてFBIが家の中におどり込んだ時“クリストファ氏”ことエルザは既にこときれていたのであった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The House on 92nd Street
製作年 1945年
製作国 アメリカ
配給 セントラル
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

Bill_Dietrich ウィリアム・アイス
George_A._Briggs ロイド・ノーラン
Elsa_Gebhardt シグネ・ハッソ
Charles_Ogden_Roper ジーン・ロックハート
Colonel_Hammersohn レオ・G・キャロル
Johanna_Schmedt Lydia St. Clair
Walker ウィリアム・ポスト・ジュニア
Max_Coburg ハリー・ベラバー
Adolphe_Lange Bruno Wick
Conrad_Arnulf Harro Meller
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > Gメン対間諜