のだめカンタービレ 最終楽章 後編|MOVIE WALKER PRESS
MENU

のだめカンタービレ 最終楽章 後編

2010年4月17日公開,123分
  • 上映館を探す

3000万部を突破した同名漫画を2部作で映画化。ドラマ版の主要キャストが続投し、ヨーロッパ5か国でロケを敢行。ピアニストの“のだめ”と指揮者“千秋”の関係が描かれる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

国際音楽コンクールで優勝した千秋はルー・マルレ・オーケストラの常任指揮者を務めることに。しかし、バラバラな演奏とやる気のない団員の態度に千秋は愕然としてしまう。一方、のだめは音楽学校の試験勉強に追われていた。

作品データ

製作年
2010年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
123分

[c]2009 フジテレビ・講談社・アミューズ・東宝・FNS27社 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.9
  • oma

    5
    2012/11/22

    やっぱり、のだめはオモシロイ。
    ドラマも良かったし。

    敢えていうなら、
    前編と後編に分けるのは・・・ キライです!

    1作にしようぜ。

    あー
    ドラマ版、また観たくなった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 刹那

    3
    2012/1/26

    前編に引き続きのだめの妄想&キャラが印象に残っている作品ですが、どんなにレベルが上がっても音楽を楽しむ事は素晴らしい事だなと思いました♪

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ほし★ママ。

    5
    2012/1/8

    前編のレビューにも書きましたが
    珍しくドラマ版も欠かさず観ていました。
    前編の終わりには、のだめと一緒に「ずるい!」
    4ヶ月も待たせるの?

    なので、この一作だけのレビューはとてもできません。
    もしかして、ドラマを観ていなかったら
    全く違う感想になったかもしれないなとも、思えます。

    まず最初にR☆Sオケのメンバーとの観光シーン
    部屋や道路でおふざけを繰り返すシーン。
    そう!最後ですから、コレがなくっちゃ!
    ちょっと画像の良くないテレビ版のカットが
    差し込まれるたびに懐かしく
    あ~、これはやっぱり最終楽章なんだと・・・

    のだめと千秋のステキなラブストーリー
    「オレさまとヘンタイ」から
    すれ違ったり、悩んだりしながら
    「音楽家同士」として、あの曲に帰ってくる・・・
    このストーリーが交響曲そのものに思えました。

    全編、ピアノを弾いてらっしゃるラン・ランさんの演奏。
    その音の世界に身を置くだけでもスゴイ価値があります。
    多分、「もじゃもじゃ組曲」は、他では聴けない・・・^m^

    ペコペコと頭を下げてオクレール先生に
    「ひよこまんじゅう」を差し出すシーンが好き!
    岩松パパの一コマ爆笑シーンが好き!

    ターニャと黒木の恋は?
    ミルヒーの体調は?
    ヤドヴィの今後は?
    気になる事がいっぱいです。

    それに、何より
    千秋とのだめのコンチェルトが聴きたいです。

    でも、「アンコール」は、言いません。
    余韻を残したステキなラスト、満足しました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告