TOP > 映画作品を探す > ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない > レビュー

投稿レビュー(25件)ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれないは星3つ

サラリーマンは共感が持てると思う (投稿日:2020年6月30日)

リーダーの品川が始めうるさくて、腹が立ちました。
こんな先輩はなかなかいないし、ブラック企業とかいう問題ではないと思います。

仲間、協力、上下関係、出し抜くみたいな社会のことが出てきて、うなずけるところがいろいろありました。

新入社員の2人がストーリーを進めるとてもいいきっかけになっていました。
全体として面白いと思います。 »ガイドライン違反報告

投稿:Movie Walkerユーザー

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

限界を超えた先に見えるもの (投稿日:2017年5月3日)

人にはそれぞれが持つ力というものがあると思います。
それを超えてしまうことが限界突破!
いい意味と捉えることが多いけど、限界を超えることは僕には危険に思えます。
限界を超えた先に待つものがマイナスなイメージしかないからです。
人は知らずに自分の限界を押し上げるために日々頑張っているんだと思います。
家事も、仕事も、遊びも、勉強も。
自分の経験値を増やすことが自分の限界値を上げているんじゃないでしょうか?

人から見た限界と自分が感じる限界には差があって、管理者として職に就いているボクにとって、人の限界を主観的に観てあげることはとても大切なことなんだと思います。
よく、うつ病の人に知らずに「頑張れ!」って言うのはよくないと言われます。あれ、本当の部分もあるんですよね。本人はとっくに限界突破しているのに、それ以上頑張ることは難しいです。一旦クーリングしないと。限界はひとそれぞれ、それを外からちゃんと見てあげることがボクの仕事の一つです。

限界を超えて頑張っている人へ…
ちょっと一休みしませんか?
休めないと思っているには自分だけかも知れません。
一度、立ち止まって深呼吸しましょう。 »ガイドライン違反報告

投稿:あちゃぺ

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ひたむきに頑張ることの素晴らしさ! (投稿日:2013年10月23日)

小池徹平はこの時期まで、ニートや、落ちこぼれ役をやることが多かったね。本人はチクショーと思ってたでしょうけれど。
映画としての見せ方や演出にはかなりがっかりしましたが、キャラクター達の設定はめちゃくちゃ面白かった。
まず主人公の部屋に横山光輝の「三国志」がそろえてあるのには、おおー!!と思いました。僕の家にも全巻そろってるので。笑
そして、何より井出と阿部は観てて何度もぶっ殺したくなりましたね!!でも、こんなやつはいねえよ。いや、ノンフィクションだからいるんでしたね。
とはいえ劣悪な環境のなかでひたむきに頑張る小池くんの姿に萌えまくれる映画です。序盤から地獄のミサワみたいになっちゃいます。
でもそこにはイジメられたトラウマと向き合おうとする姿勢が見える。ここにも泣きました。自分を変えたいというメッセージは胸に刺さります。
会社で上司の悪口いったり、仕事の行き詰まりで愚痴をこぼしたり、やったことないことはできませんとかゆってる根性無しども!この小池くんを見習え!!(って僕自身に対して戒めとして記すこととします笑)
この作品、名作になる要素がいっぱいありました。描き方がね…。人物の内面をしゃべり過ぎてて、その点が非常に惜しまれます。

ただ、昨今のブラック企業アレルギーともいえる風潮のなかで、ああいった会社員の姿をコメディータッチで描き、また田辺誠一という聖人君子の優しい存在を加えて、深刻さを中和することで限界→頑張れるに変化させたところは素晴らしかったですね。
少々食い足りなかった点としては、ブラック企業という特定の世界でのできごとにしないで社会に出たとき、失うもの、見いだすものを描くようにしてたら良かったのに。
この映画で出てきた人たちよりももっと恐ろしい大人は現実にいっぱいいますよ!! »ガイドライン違反報告

投稿:でーいー

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

がんばれる映画 (投稿日:2012年1月25日)

コメディぽいのかなと思い観ましたが、涙がでるシーンなどもあり、テンポもいいので最後まで飽きずに見れる映画でした。
映画の伝えたいメッセージが、しっかりわかるのでこの映画を見るとやる気がでるのではないでしょうか?
限界は自分で作るものだと感じる映画です »ガイドライン違反報告

投稿:ナイル

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

知りすぎたのねぇ~♪ (投稿日:2012年1月7日)

早い時点から公開を楽しみにしていた作品。
「『ブラック会社』度チェック」も
アチコチの映画館のトイレで何度やってみた事か!
ひとつくらいどこでも当てはまるよ~と、毎度突っ込み。
「都!市!伝!説!」と、品川リーダーに
声を合わせる自信があるほど、予告も何度も観ました。

メンバーみんなとってもユニークで特異なキャラ
全く白紙で観ていたら、もっと笑えたかもしれません。
唯一新鮮な「ガンダムネタ」が全くわからなかったし・・・

Bチャンネルに書き込みをする形式で物語が進み
お話をつないでいくのが、掲示板のレス。
もうひとつの自分を「ペラペラの紙人形」で現すところは
とても面白い手法だと思いました。
若い方なら、もっと楽しめたかもしれません。

出版関係、マスコミ関係、IT関係
下請け・派遣に頼ってる業種には
少なからず「ブラック会社」があると聞いています。
それでもやって行けるのはなぜか?
働き甲斐のために本当に必要なものは何なのか?
ちょうど最近、娘と話したばかりでした。
最後は、とてもしみじみしました。

それにしても、マ男くんのお母さんは無念だったでしょうね。
徹平くんがやつれて行く様子が心配で
身の回りの世話に行ってあげたくなりました。

これからのマ男くんへのエールも込めて☆5つ。
エピローグでドカ~ンと笑わせてもらったし・・・ »ガイドライン違反報告

投稿:ほし★ママ。

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

後味の良い映画 (投稿日:2011年6月13日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

なんだかんだあっても、結局はハッピーエンドを迎えられて、後味の良い映画。

「自分を変える」というのがテーマとしてあって、それを突き抜けられたことで結果的に会社も変える事が出来たというファンタジー。

ブラック会社とは言え、開発するシステムの仕様書とチェックシートがちゃんとそろっていたという意味ではそんなにブラックじゃないんじゃん?と思ったりもした。 »ガイドライン違反報告

投稿:aeg731

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

時間つぶしにはなりました (投稿日:2010年1月15日)

 銀座で2時間時間をつぶす必要があり、ちょうど上映時間が合ったので、何も期待することなく観た。特に感心したわけでもないけれど、居眠りすることも無く時間を過ごせたので最低限の目標は達成できた。品川祐の演じるイヤーな奴に対しては本当に「このヤロー」と思えた(最後は普通の人になって印象が薄れたが……)。
 1800円はちと高い気がした。映画の日割引で1000円で観れたら、それなりにうれしく思えただろう。 »ガイドライン違反報告

投稿:ヘンマニア

評価:3
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

よかった~ (投稿日:2009年12月17日)

2chものというと電車男を思い出すけれど
恋愛物でなく実話なサラリーマンの話でした。
かなりお笑い入っているので暗くなりすぎずに観れました。
役者さんもよかったのがとても印象的。
小池徹平さんだったからこそ気持ち悪くならないのは当然ですが
何よりも品川さんの横暴さ!
これがすごく似合ってました。『ばーか』
は本当に言われていないけどむかつくと思えるのは凄い!
田辺さんは本当によい人に見えるから
こんなにぴったり配役は久々!
観にいってよかった~と思える映画でした。 »ガイドライン違反報告

投稿:SweetsCafe

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

自分は、まだ限界じゃない (投稿日:2009年12月13日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

中途採用・大卒じゃないって言う世間の冷たい風に
どうやって立ち向かうか。
仕事って始めてしまうと、学歴なんて関係ないけど、
やはり待遇は違うし初任給からちがうもんね。。。

早稲田・・・出身の大根田真男が、ニートから
抜け出し自分の居場所?を見つけられるまで。
やっぱ助けてくれる人がいるから、何かのために
頑張らなきゃって思える 何かを探せることが、大切。
逃げていたら、ニート生活に戻ってしまう。

上司の理不尽さ・同僚に対するひどい待遇も、
みんなで一つの仕事を成し遂げるってことで、
頑張れるのかも。

途中の妄想シーンは、そろそろ戻った方がいいんじゃない?と
ちょっと心配になった。

私のこの状況は、これは限界じゃないんだって、
勇気付けられる。。。

この原作が、2ちゃんねるからってのが、この
映画のリアリティだから考えさせられることは一杯ある。

最後、清清しく終わったのが、何より救い。
もっと多くの映画館で、観れたらいいのにって思う。 »ガイドライン違反報告

投稿:チャッピ

評価:3
星評価

6人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

実はスポ根 (投稿日:2009年12月9日)

ダメな主人公にとんでもないクセ者揃いの先輩、
さらに美人だけど抜けてるヒロインまで現れて
みんなで力を合わせて困難を乗り切ろう!って
まさに構図はスポ根マンガ。
やってることに特別新しさはなくても
日本人ってこういうストーリー好きですよね。
流れをぶつ切りしないように
ちりばめられた小ネタも気持ちよく
自分もやらなきゃって気持ちにさせてくれる応援ムービーです。

エンドロールの仕掛けで
僕は星半分追加しましたw »ガイドライン違反報告

投稿:あろはどりーむ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/7更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない > レビュー