ソラニン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ソラニン

2010年4月3日公開,126分
  • 上映館を探す

浅野いにおの同名人気コミックを映画化したせつないラブ・ストーリー。愛した人が遺した歌を通して変わろうとしていくヒロインを宮崎あおいが熱演し、歌声とギターを披露。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

種田と芽衣子は大学のサークル時代から6年のつきあい。芽衣子に迫られ、音楽に打ち込む種田だったが、メジャーデビューの夢は破れてしまう。働きながら音楽を続けると決意した種田はある日、帰らぬ人となってしまう。

作品データ

製作年
2010年
製作国
日本
配給
アスミック・エース
上映時間
126分

[c]浅野いにお・小学館/「ソラニン」製作委員会/写真:太田好治 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • なべ

    2
    2014/4/27

    原作も嫌いだったのですが、
    何となくDVDで見ることにしました。

    中身は個人的にはクソでした。
    すごく褒めてる人もいるのですが、
    どう考えてもこの世界は嘘だらけです。
    こんなに綺麗な世界はありませんし、
    中高生が憧れる世界観に物語をつけました的な
    構成が全く受け付けません。
    編集も違和感だらけ。
    話も「稼げよ!もっと恋人いたわれよ!周りもっと見ろよ!」
    と種田君に説教したくなりました。

    なんとなく「しゃべり場」を見ていた時に
    感じるむかつきに似てます。

    でもよかった所もあります。
    宮崎あおいが歌うシーンです。
    あそこの照明ぐあいや、
    汗の質感や沈黙の間、
    チャットモンチーばりに華奢な身体で熱唱する姿は
    すげーいい映像になってました。

    調べてみるとこの監督、MV出身なのですね、
    私の好きなMVも撮ってました。
    MVやCM監督出身で活躍している監督も
    いっぱいいますが、
    この人はショート映像に専念したほうがいいと思います。
    若い層には受けて金稼げるのかもしれないけど、、、

    ライブシーンに自分もスタッフとして関わっていたら
    あの映像が撮れてテンション超上がっただろうな
    妄想すると楽しい映画でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • kaoring

    1
    2012/7/4

    若者の厭世観を描くにしても、死んじゃったらダメでしょう。
    悲劇のヒーロー/ヒロインに酔っているようにしか見えない。
    同世代の若者は共感するかもしれないけど、それで終わり。
    自分の厭世観をどう処理していくか、どう変わっていくか、厚みをもって描いて欲しい。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • SARAn

    2
    2012/3/8

    同じようなシーンが多い。

    同じことの繰り返しが多い。

    正直、飽きた。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告