TOP > 映画作品を探す > 雨の朝巴里に死す > レビュー

投稿レビュー(1件)雨の朝巴里に死すは星3つ

邦題がネタバレでは… (投稿日:2013年9月26日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

原作はアメリカの作家フィッツ・ジェラルドの代表作「バビロン再来」。原作の時代設定は第一次世界大戦時ですが、映画ではそれを第二次大戦後の設定にし、パリで自由奔放に生きる女と、夢と現実のギャップに悩み続ける男。この夫婦は心のすれ違いから男は酒を浴びるほど飲み、玄関に鍵をかけて眠ってしまう。そこに妻が帰宅するが家に入れず、氷雨に打たれて妹の家に頼った直後に倒れてしまう…。作品のタイトルからもラストは想像できてしまうのがイタいところ…。この作品は原作の方が評判が良いようですが、この頃のエリザベス・テイラーは一番輝いていた頃でしょうか。この作品当時は彼女が22歳。今の姿からが想像がつかないですが、この頃は綺麗でしたね。 »ガイドライン違反報告

投稿:ettam

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 雨の朝巴里に死す > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る