映画-Movie Walker > 作品を探す > 地球のヘソ

地球のヘソの画像

多くの外国人が住む2057年の京都を舞台に、街に迷い込んだ日本人女性と外国人たちとの交流を描くドラマ。“二代目そのまんま東”ことゾマホン・ルフィンらユニークな顔ぶれが登場。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

京都がパスポート不要の自由往来特区に指定された。またたく間に京都には世界中から外国人がやってきて、観光都市として活況を呈する。やがて彼らは町家で寝起きし、流暢な京都弁を操り、和服に身を包み、ついに京都で暮らしはじめた。ときに2057年8月。ひとりの日本人少女「メイ」が京都にやってきた。「死に場所を捜しに来ました」。メイの口からこぼれる意外な言葉。京都に住みついているタクシー運転手のスリランカ人「ニン」。ニンの不注意でメイの手荷物が強奪され、しかたなくメイの身柄を預かることとなってしまったニン。異邦人のように振舞うメイ。京都の暮らしにすっかり馴染んでいるニンと、ニンを取り巻く外国人たち。意外な出会いが自暴自棄なメイの心を少しづつ解きほぐしていく…。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 2008年
製作国 日本
配給 (主催 お蔵出し映画祭実行委員会)
上映時間 73
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 東郷一重
プロデューサー 向賢
脚本 東郷一重三倉剛季智亨
撮影 山内隆弘
音楽 えま&慧奏風の楽団
編集 益田信喜
録音 石川泰三
照明 岸田和也
撮影監督 牧逸郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 地球のヘソ