雨に唄えば|MOVIE WALKER PRESS
MENU

雨に唄えば

1953年4月1日公開,103分
  • 上映館を探す

アーサー・フリードが「巴里のアメリカ人」に次いで製作したテクニカラーのミュージカル(1952年作品)で、製作のフリード、監督ならびに音楽場面振付けのジーン・ケリーとスタンリー・ドーネン、主題歌「雨に唄えば」に基づいてシナリオを書いたアドルフ・グリーンとベティ・カムデン、音楽監督のレニー・レイトン、撮影監督のハロルド・ロッソンらは、すべて「踊る大紐育」と同じスタッフである。歌曲の大部分は作詞が製作者フリード、作曲ネイシオ・H・ブラウンによる。出演者はジーン・ケリーをめぐって新進デビー・レイノルズ、ヴォードヴィル出身のドナルド・オコナー、「アパッチ族の最後」のジーン・ヘイゲン、「拳銃王」のミラード・ミッチェル、「闘牛の女王」のシド・チャリシー、「銃の後に立つ男」のダグラス・フォーリーら。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ドン・ロックウッド(ジーン・ケリー)とコスモ・ブラウン(ドナルド・オコナー)の2人はヴォードヴィルの人気者、切っても切れぬ仲の良い友達同志だった。1920年代、2人はハリウッドにやって来て、インペリアル撮影所で仕事をみつけた。そのうちドンは西部劇でスタント・マンになり、俳優として契約され、調子よくサイレント映画のスターになることが出来た。彼の相手役リナ(ジーン・ヘイゲン)は、美人だが少々ぬけた女、そのくせお高くとまっていて、ドンは好きになれなかったのだが、彼女は自分からドンの恋人だと決めてかかっていた。だからドンが若くて歌も踊りもうまいケーシー(デビー・レイノルズ)と恋仲になったとき、リナはナイトクラブに職をもっていたケーシーをクビにさせてしまった。ドンの悲しみをよそにケーシーは町を去り姿を消してしまった。そのころ最初のトーキー映画「ジャズ・シンガー」が世に出て大当たりをとった。インペリアル撮影所のボス、R・F・シンプソンもドンとリナの新しい主演映画「決闘の騎士」をトーキーで作ることにきめた。その撮影中、ケーシーはやはり同じ撮影所で製作中のミュージカルに端役で出演していた。再会したドンとケーシーはたちまち仲なおりした。「決闘の騎士」の記者会見は大へん不評だった。リナの声が魅力なく鼻にかかったものだったので。コスモの発案でリナの声をケーシーの声にダビングして吹きかえた。映画は「踊る騎士」と改題され素晴らしい好評を博した。リナは何とか名声を維持しようと、シンプソンにケーシーを自分の影の声としてこれからも使うように頼みこんだ。ドンはコスモやシンプソンと力をあわせ、リナの声が偽りものであることを一般にあばいた。リナは失脚し、かわってケーシーが新しいスターとして迎えられた。ドンとケーシーが結ばれたことはもちろんである。

作品データ

原題
Singin' in the Rain
製作年
1952年
製作国
アメリカ
上映時間
103分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1
  • McCOY

    5
    12日前

    NHK-BSプレミアムの年末年始放送で観ました。ダンスが凄すぎて、歌が素敵すぎて、泣くような話じゃないのに涙が出てきてしまった(笑)。今あんなふうに踊れる人いるのかな。

    物語的には、2番手の女性がちょっと気の毒かなと思ったり。まあ、自業自得だけどね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • M.W.Johnny

    4
    2018/9/29

    踊りたくなってまうやろー!
    とにかく素敵なダンス

    会話に奥行きがなく表面的なのにまた見たい
    色あせない時代の色

    『雨を嫌うか、雨の中で踊るか、私たちは選択することができる』
    ジョーン・マルケス

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 杉ちゃん

    5
    2018/7/24

     名作中の名作の「雨に唄えば」!

     今回は「午前十時の映画祭9」にてデジタルリマスター版で鑑賞してきました。

     何度観ても内容、ダンス、共に最高で、初公開から66年経った今でも、色あせるこのない作品です。

     特に主演の3人が一緒に歌い踊るシーンは映画史に残るシーンといっても過言ではなく、観終わった後は、必ずマネをしてしまいます。

     今は、CG主流の映画ばかりで、このような素晴らしい映画が作られることはありませんが、あらためて「映画」が娯楽の中心であり、また、芸術品であった頃の「古き良き時代」を痛感させられました。

     とにかく、ダンスシーンだけでも、今の若者に見ていただきたい、何かを感じてもらいたい作品と思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告