映画-Movie Walker > 作品を探す > ジョージ・ホワイツ 1935年スキャンダルス

「乾杯の唄」と同じくジョージ・ホワイトが原案監督出演した音楽映画で、脚色には「乾杯の唄」の台詞を書いたジャック・イェレンパターソン・マクナットと協力して任じている。ダンス振り付けもほわいと自ら当たり、撮影は「乾杯の唄」「世界は動く」のジョージ・シュナイダーマンが担任した。出演者は「乾杯の唄」のアリス・フェイ及びクリフ・エドワーズ、「輝く瞳」のジェームズ・ダン、「カレッジ・リズム」のリダ・ロバーティ、「彼女の家出」のネッド・スパークス、「合点!!承知!!」のアーリン・ジャッジ、「モンタナの月」のベニー・ルービン、タップ・ダンサーのエリナー・パウエル等が主なる顔触れである。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1934年のシーズンを終えたホワイト氏は休みの間南方へ旅行し、その途中の小さな駅で「今夜ホワイトのスキャンダルス、オペラハウスにて」というポスターを見つけて彼は面白がって途中下車をしてそれを見に行った。彼はにせホワイトのスキャンダル座でハニーという娘を発見し、彼女の自分の一座へ入れたら1935年は素晴らしい仕事が出来るとハニーに掛け合った。そして彼女1人を引き抜く為にホワイト氏はハニーの恋人エディ及びジュードとにせホワイト事エルマーの4人を連れて紐育へ引き返し、1935年のレビューを開始した。ハニーとエディのコンビはたちまち大当たりとなったが、ちょっとした事から彼らはホワイト氏と仲違いをし、スキャンダルを止めて他の地方巡業の団体に入ってしまった。故郷でハニーの出世を楽しみにしていた叔母がはるばる紐育のスキャンダルスを見物に来たのはハニーが一座を出たあとだった。叔母の悲観した様子を見たホワイト氏は八方ハニーとエディの行方を探して2人を連れ戻し、叔母に2人のスター振りを見せてやった。そして2人又スキャンダルスに帰ることになった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 George White's 1935 Scandals
製作年 1935年
製作国 アメリカ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ジョージ・ホワイツ 1935年スキャンダルス