懦夫奮起せば|MOVIE WALKER PRESS
MENU

懦夫奮起せば

1924年公開,0分
  • 上映館を探す

米国の文豪として有名なブース・ターキントン氏(「危険なる処女時代」「ボーケール」等の原作者)の原作になる「マグノーリア」Magnoliaをウォルター・ウッズ氏が脚色し「駅馬車(1925)」「ハリウッド」「男子改造」等と同じくジェームズ・クルーズ氏が監督した喜活劇で主役は「社交界の誘惑」「湖畔の思い出」等出演のアーネスト・トーレンス氏「女に安全な男」「ボー・ブラムメル」等出演のメアリー・アスター嬢「荒野の放浪者」等出演のノア・ビアリー氏等で、その他フィリス・ヘイヴァー嬢、カーメン・フィリップス嬢、レイモンド・ナイ氏等が出演する。南北戦争以前に時代をとえい、クルーズ氏一流の痛快な喜劇が展げられる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

トム・ラムフォードは東部で教育を受けた男で、南部の父の家へ帰って来た後、許婚エヴィラの事でパッタースンと決闘するのを拒んだので、卑怯物として家を追われ、他の町へ来てオルランド・ジャクスンという有名な侠客と知り合いになり、彼から如何にして男らしい男になるかを教わる。彼は程なくしてプレーク大佐として恐れられるような凶猛な男となり、故郷へ帰って来て昔自分を苦しめたパッタースン兄弟に痛快な復讐をして、彼を変わらず恋していたルーシーと結婚し、窮境に陥っていた父を救う事ができた。

作品データ

原題
Fighting Coward
製作年
1924年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?