映画-Movie Walker > 作品を探す > 十字砲火(1947)

第2次大戦終結後の混乱期を舞台にひとりのユダヤ人殺害事件解明を描く。製作はエイドリアン・スコット、監督は「シャラコ」のエドワード・ドミトリクリチャード・ブルックスの原作“The Brick Foxhole”を基にジョン・パクストンが脚色。撮影はJ・ロイ・ハント、編集はハリー・ガースタッドが担当。出演はロバート・ヤングロバート・ミッチャムなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

第2次大戦も終り、復員兵たちが社会へ復帰しつつあった。そんなある夜、ユダヤ人の復員兵のジョセフ・サミュエル(サム・レヴィーン)が殺された。担当警部フィンレイ(ロバート・ヤング)は、その夜、サミュエルが、3人の復員兵とホテルのバーで一緒だったことを、サミュエルの女友だちルイス(マリオ・ドワイアー)から聞く。フィンレイ警部は、その3人の1人、モンゴメリー(ロバート・ライアン)と彼の上官、キーリー軍曹(ロバート・ミッチャム)をオフィスに呼び、その夜のいきさつを聞いた。――数時間前、モンゴメリーが、ミッチェル(ジョージ・クーパー)、バウアーズ(スティーヴ・プロディ)、それにリロイ(ウィリアム・フィリップス)の3人とバーで酒を飲んでいた時、リロイが隣にいたルイスのドレスに酒をこぼしてしまった。失礼を気遣うミッチェル。すると、彼は、ルイスの連れのサミュエルと意気投合してしまい、3人は連れ立ってバーを出ていった。モンゴメリーとバウアーズは、泥酔していたミッチェルを心配して3人の後を追ったというのだ。キーリー軍曹は、行方不明だったミッチェルを見つけ、彼から話を聞いた。ミッチェルは、サミュエルのアパートを出た後、偶然知り合ったギニー(グロリア・グレアム)という女と知り合い、酔った彼は彼女の部屋を借りることにした。眠りから醒めると、部屋にはギニーの夫がいて、やがてその部屋を去った。しかし詳細は憶えていないということだった。ミッチェルが犯人とは思えないキーリー軍曹はフィンレイ警部と協力し合い、事件の再調査を開始した。やがて調査を進めるうちに、社会復帰がままならぬのは、ユダヤ人どもがのさばっているからだ、と主張していた極度のユダヤ人嫌いのモンゴメリーがクローズアップされた。彼は、酒場でサミュエルと口論になり、ユダヤ人ふぜいに言いこめられたことを根にもってホテルまで追いかけ打ちのめして殺したのだった。警部の誘導にはまって告白してしまった彼は、逃げ出そうとして撃たれるのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 CROSSFIRE
製作年 1947年
製作国 アメリカ
配給 IP
上映時間 85
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 十字砲火(1947)