ジャングル・ブック(1967)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジャングル・ブック(1967)

1968年8月6日公開,78分
  • 上映館を探す

ルドヤード・キプリングの原作をもとに、ラリー・クレモンス、ラルフ・ライト、ケン・アンダーソン、ヴァンス・ゲリーが脚本を書き、ウォルフガング・ライザーマンが監督した長編漫画。音楽はジョージ・ブランが担当している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

インドのジャングルのまんまんなか。川のほとりで人間の赤ん坊を見つけたクロヒョーのバギーラは、自分は育てられないのでオオカミにあずけた。モーグリと名づけられたその子は順調に成長。そして10年。人食いトラのシア・カーンがジャングルにやって来て、モーグリをねらっていることに気がついたオオカミたちは、モーグリを人間の村に帰すことが安全だと考えた。ジャングルの動物たちとすっかりなかよくなっているモーグリは人間の村に行くのをいやがったが、バギーラが村まで送っていくことになった。その夜、バギーラとモーグリが高い木の上で休んでいると、大きなヘビのカアがあらわれ、モーグリをひとくちでのみこもうとした。が、バギーラの気転であやうく命を助けられた。村に帰そうとするバギーラがいやになったモーグリは、自分の好きなようにしたいと考え、なかよくなったクマのバルーと楽しく遊んでいた。ところが突然サルの大群がやってきて、モーグリをさらっていった。サルの王さまキング・ルイは、火の作り方を知りたいと思ってモーグリをさらったのだった。そのうちサルの宴が始まった。その騒ぎを利用、バルーとバギーラはモーグリを救い出した。やはり村に帰した方がよいとバギーラとバルーが相談しているのを聞いたモーグリはがっかりしてひとりでジャングルの中に入っていった。ひとりぼっちのモーグリがはげたかの巣にまよいこんだところを、シア・カーンが見つけた。そこへバルーが駆けつけ、大げんかとなった。が、バルーはシア・カーンに殴られてノックダウン。そのすきにシア・カーンはモーグリを捕まえようとしたがその途端、雷が落ちて木が燃えあがった。モーグリは燃えている木の枝を、はげたかの助けをかりて、シア・カーンのしっぽに縛りつけた。シア・カーンは大あわてで逃げていった。人食いトラがいなくなれば、モーグリも村に帰らなくてもよくなった。だが、その時かわいい少女が、歌をうたいながら水くみにやって来た。モーグリは一目でその少女にみせられ、バルーやバギーラをおきざりにして、少女の後を追い、村に帰っていった。少女の名前はわからない。だがモーグリは人間の村へ帰ったのだ。

スタッフ

ウォルフガング・ライザーマン

監督

ラリー・クレモンス

脚本

ラルフ・ライト

脚本

ケン・アンダーソン

脚本

ヴァンス・ゲリー

脚本

ルドヤード・キップリング

原案

ミルト・カール

作画監督

フランク・トーマス

作画監督

オリー・ジョンストン

作画監督

ジョン・ラウンズベリー

作画監督

ハル・キング

原画

エリック・ラーソン

原画

ウォルト・スタンチフィールド

原画

エリック・クレウォース

原画

フレッド・ヘルミッチ

原画

ジョン・エウィング

原画

ディック・ルーカス

原画

アル・デンプスター

美術監督

ビル・レイン

背景

ラルフ・ヒューレット

背景

アート・リレイ

背景

テルマ・ウィトマー

背景

フランク・アーミテイジ

背景

ジョージ・ブランス

音楽

ウォルト・ディズニー

製作

ロイ・O・ディズニー

製作

ダン・マクマヌス

エフェクト原画

ボブ・ブロートン

撮影

ロバート・O・クック

音響監督

イブリン・ケネディ

ミキサー

トム・アコスタ

編集

ノーマン・カーリスル

編集

ウォルター・シーツ

オーケストラ指揮

ドン・グリフィス

レイアウト

バジル・デビドビッチ

レイアウト

デイル・バーンハート

レイアウト

トム・コドリック

レイアウト

シルビア・コブ

レイアウト

バーニー・マッティンソン

イメージボード

ボブ・リチャードソン

動画

作品データ

原題
The Jungle Book
製作年
1967年
製作国
アメリカ
配給
ディズニー映画
上映時間
78分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?