TOP > 上映中の映画作品を探す > 浪華悲歌(なにわえれじい)

浪華悲歌(なにわえれじい)の画像

戦前の女性映画を代表する傑作。「祇園の姉妹」「雨月物語」などの脚本家・依田義賢と溝口が初めてコンビを組んだ、記念すべき作品。当時19歳の山田五十鈴が美しい。

3/5
総評価数 8
レビュー 2
投票 6
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (4)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アヤ子は会社の金を横領した父親のため、勤め先の社長の愛人となり借金を肩代わりしてもらう。さらに兄の学費を工面するため、男を騙して逮捕されてしまう。恋人にも逃げられ家へ戻った彼女を家族は冷たく突き放す。

作品データ

配給 1936角川ヘラルド映画
上映時間 71
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 溝口健二

キャスト

山田五十鈴
梅村蓉子
進藤英太郎

レビュー

傑作とは言い難いが、1930年代半ばの大阪の風情を知るには見る価値の作品

投稿者:やまひで

(投稿日:2017/6/19)

 まずは、本作が成立した1936年という年を考えてみよう。こ…

[続きを読む]

支持者:0人

「不良少女という立派な病気やわ」

投稿者:たっかん

(投稿日:2014/6/14)

初見は、1983年4月25日、文芸地下で2本立て(併映「祇園…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 浪華悲歌(なにわえれじい)