アビス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アビス

1990年3月24日公開,140分
  • 上映館を探す

深海に潜む生物体との遭遇を描くアドベンチヤー・ロマン。製作はゲイル・アン・ハード、監督・脚本は「エイリアン2」のジェームズ・キャメロン、撮影はミカエル・サロモン、音楽はアラン・シルヴェストリが担当。出演はエド・ハリス、メアリー・エリザベス・マストラントニオほか。後に171分の完全版が発表されている。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

深海。アメリカ海軍の原子力潜水艦が謎の物体に襲われ、救助活動の基地として選ばれたのは海底油田採掘用試作品住居<ディープコア>だった。バッド・ブリッグマン(エド・ハリス)を始めとする9人のクルーのもとに、コフィ大尉(マイケル・ビーン)が指揮する海軍のダイバー・チームと、ディープコアの設計者リンジー(メアリー・エリザベス・マストラントニオ)がやって来る。実はバッドとリンジーは離婚間近の夫婦で、ふたりは事あるごとに対立するのだった。そんな折、クルーのジャマー(ジョン・ベッドフォード・ロイド)が救助中に巨大な光る物体を目撃し、ショックで昏倒してしまう。そしてリンジーも、その光を見た。一方コフィたちは、バッドたちに無断で原潜から何かを回収する。その頃海上は嵐に襲われ、基地を結ぶ連絡ケーブルが切れた挙句、音信不通となり、クルーからも犠牲が出た。被害状況を調べるために外に出たリンジーは、海溝から姿を現わしたあの光る物体と再び接触するが、バッドたちはその事を信じない。やがてリンジーは、コフィが原潜内から回収したものが核弾頭であることを知り激しく詰め寄るが、彼は潜水病とストレスからの緊張感で狂気の世界に入り始めていた。そんな時、光る訪問者がやって来てクルーとコミュニケーションをとり始めるが、それによってコフィの狂気はエスカレートし、海溝で核弾頭を爆発させようとする。その危機を救ったのは昏睡から醒めたジャマーで、バッドは潜水艇で海中に出たコフィを追ってリンジーと共に、必死の追撃戦を展開する。激しい戦いの末に、コフィの艇は海溝に落ちてゆき、水圧で爆死した。バッドとリンジーを乗せた艇も損傷が激しく、バッドが潜水ヘルメットをかぶってディープコアまで到着した後、溺れたリンジーを蘇生させるのだった。そしてバッドは、海溝に落ちた核弾頭の起爆装置を解除するため、液体酸素で満たしたヘルメットと潜水服を着て、底知れぬ深淵へと潜ってゆく。そして彼は起爆装置のコードを切断することに成功するが、液体酸素はディープコアに戻るまでなかった。こうして死を迎えようとしているバッドを救出するのは、あの光る巨大な物体だった。やがて嵐は去り、地上と交信が再開され、リンジーたちはバッドが生きていることを知り歓喜する。そしてふたりは夫婦としての絆を取り戻すのだった。

作品データ

原題
The Abyss
製作年
1989年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス
上映時間
140分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • モッピー

    5
    2020/4/22

    その時の有名作品、その時々の時世、話題に乗っかって適当な評価する無知な似非映画評論家の被害を被り興行的にも残念な結果で終わった秀作

    本作品エイリアンはET的な人類にとっては友好的で好感を持つと同時に未知の物に対する人間の感覚的?本能的エゴ?恐怖、畏怖、畏敬まで丁寧に描かれてる秀作!
    因みに本作品中の水表現CG技術が後に制作される同監督作品「ターミネーター2」の液体金属T1000に活用されています

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • アスピリクエタ

    5
    2014/6/8

    ジェームズキャメロン作品の中でも酷評されている本作。しかし、私は良い作品だと思う。なぜ酷評されているかがわからない。
    本作はキャメロン監督の代表といえる「タイタニック」、「アバター」より前に公開された。本作はこの2作品には遠く及ばないが、90年にしてはなかなかの映像のスケールである。
    さて、本作の舞台は深海。宇宙より謎が多いとも言われている。そんな謎めいた深海を舞台に3時間以上にわたり物語が繰り広げられる。
    内容は極めて単純。深く考えずに見られる。逆に言えば勘の良い人には物語の展開が読めてしまう。また、アドベンチャー要素だけでなく、愛や勇気そして警告など多くの要素が含まれている。
    3時間以上と長いが、私には長く感じなかった。個人的には「タイタニック」の次にキャメロン作品の中で好き。観てください

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • Abby Down

    5
    2013/4/7

     反戦を訴える説教じみた展開がうざいと感じる方は完全版は観てはいけません 気楽に見える超大作アドベンチャーを期待する方は劇場公開版をご覧下さい
     まあそれを核の被害を直に受けた日本人までもが「ウザイ」と思うことそれ自体がこれからも人間が愚かな行為を繰り返すことを象徴しているのでしょう 
     個人的にはこれを「説教じみたメッセージ」と受け取る人はそもそも映画を観ることに向いていないのではとも思います 悲しいことですね

     劇場公開版は監督の意図が真に描けていないだけでなく、この作品自体の質を大きく下げています それはこの作品の要として出てくるエイリアンたちの目的、存在理由が意味不明になるからです スピルバーグの「未知との遭遇」を意識したようなシーンも多く、実際意識したのでしょうが今作品はよりエンターテインメント性を意識し、かつわかりやすく感情移入も出来るよう作らています

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告