映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 指令7で5人消せ!

ピーター・ウェルベックの原案を、ピーター・イェルダムが脚色、新鋭ロバート・リンが監督したエロチック・アクション。撮影はニコラス・ローグ、音楽はジョニー・ダグラスが担当した。出演は「アパッチ(1954)」のレックス・バーカーロナルド・フレイザーアン・スミルナー、「ベケッコ」のヴェロニク・ヴェンデル、ウォルター・リラ、ディエトマー・ションヘルほか。製作はハリー・アラン・タワーズ

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

私立探偵スティーヴ(レックス・バーカー)は銅山で巨満の富を築いたといわれるウェクスラー(ウォルター・リラ)に依頼されケープタウンにやって来た。3日前にウェクスラーの執事ベンが殺されたのだが、その犯人を捜してくれ、というものだった。死体の側に1枚の写真が落ちていた。ウェクスラーとベン、現地人のヴァンバーグ、イタリア人のマリオの4人がナチの収容所で撮ったものであった。その写真のことに関してウェクスラーはどうしてか恐怖を抱く。それに彼も同じ写真を持っている。スティーヴは疑問を持ってそれらの人物にあたった。と、案の定そのスティーヴを邪魔する何者かがいた。危険を侵して、ヴァンバーグからマリオのことが聞きだせた。マリオは写真をとって、2、3日後自殺したという。その話を聞き終ったかと思うと、何者かにヴァンバーグが射殺された。その日からウェクスラーの警戒を厳重にした。スティーヴはウェクスラーの秘書ヘルガ、養女のジナ(ヴェロニク・ヴェンデル)、主治医のポール(ディエトマー・ションヘル)、マネジャーのジョージらを紹介されていたが、そのジョージが翌日海で殺された。写真に何かあるとすれば、ジョージがウェクスラーと間違えられたと考えるしかない。いや、彼はこの写真を撮った男なのか。それもちがった。それはクレイマーという男だとわかり、スティーヴは彼を訪れた。彼の話によるとマリオは戦前豊かな銅山を見つけたが、ウェクスラーに嗅ぎつけられ、殺されたのだという。真相はこっちの方らしい。その日の午後、犯人が正面きってウェクスラーに銃を向けてきた。ポールだった。彼はマリオの息子で、真相を遺児に告白していたのだ。連続殺人はウェクスラーに恐怖を与えるためだった。だが、スティーヴの活躍でポールは死んだ。スティーヴは金とヘルガを手に、ケープタウンを後にした。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Code 7...Victim 5
製作年 1964年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 指令7で5人消せ!