私立ガードマン 全員無責任|MOVIE WALKER PRESS
MENU

私立ガードマン 全員無責任

1988年11月12日公開,0分
  • 上映館を探す

元警官と元弁護士の、ガードマンのコンビが巻き起こす騒動を描くコメディ映画。製作・監督は「コマンドー」のマーク・L・レスター。ブライアン・グレイザーとハロルド・レイミス、ジェームズ・キーチのストーリーを基に、脚本はレイミス、撮影はフレッド・シュラー、音楽はビル・マイヤーズが担当。出演はジョン・キャンディ、ユージン・レヴィほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

気は優しいがドジな警官フランク・ドーリー(ジョン・キャンディ)は、ある日同僚から罪を着せられクビになり、ガードドック警備会社に勤めることになった。そこで彼は、元弁護士で気の弱いノーマン・ケイン(ユージン・レヴィ)と出会いコンビを組むが、2人は早速強盗に襲われてしまう。以後フランクとノーマンが警備を担当するたび強盗に入られ、やがて2人は一連の事件と、組合のボス、マイケル・カルリーノ(ロバート・ロッジア)との間に関連があるのではと疑惑を抱き始める。そんなノーマンに、警備会社オーナー、クラレンス・オコネル(ケネス・マクミラン)の娘マギー(メグ・ライアン)は好意を抱き、2人の捜査に協力を申し出た。そしてある夜のパーティーでカルリーノが組合の共済費を使い込んでいることを知ったフランクとノーマンは、やがてマギーを巻き込んで、カルリーノたちと一大追跡劇を展開する。激しいカー・チェイスの末にカルリーノを逮補したフランクは警官復帰を許され、ノーマンはマギーと結ばれるのだった。

作品データ

原題
Armed and Dangerous
製作年
1986年
製作国
アメリカ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?