姉妹と水兵|MOVIE WALKER PRESS
MENU

姉妹と水兵

1948年1月公開,0分
  • 上映館を探す

「百万人の音楽」に先んじてジョー・パスターナクが製作した将兵慰問映画で同映画のジューン・アリソン、ホセ・イタービ、ジミー・デューラントが「町の人気者」のヴァン・ジョンソンと主演する。脚本はリチャード・コネルとグラディス・レーマンが協同して書きおろし、「ターザンの逆襲」「結婚十字路」のリチャード・ソープが監督、「百万人の音楽」のロバート・サーティースが撮影監督した。ジョンスンとアリスンと共に「スーザンと神様」で初出演したグロリア・デ・ヘヴンが出演するほか、「育ちゆく年」のトム・ドレイク、喜劇女優グレイシー・アレン、歌手リナ・ホーン、ロンドン交響楽団の指揮者アルバート・コーツ、イタービーの妹でピアニストのアンパロ・ノヴァーロ、南米歌手カルロス・ラミレス、コミック歌手ヴァージニア・オブライエン、ハリー・ジェームズとその楽団ザヴィエー・クガートとその楽団が出演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

パッチイと妹のジーンはニューヨークのナイトクラブで『デヨ姉妹』として出演し美しい歌手として素晴らしい人気者だった。このクラブ・フロリヤノにはハリー・ジェームズとその楽団、ザヴィエー・クガートとその楽団、カーロス・ラミレスも出演していた。パッチイは妹より一つしか年上ではなかったが、妹が金持ちと結婚する野心を持っているので、とんでもない男にだまされないように、母のように心配している。折しも『ある男』としるした名刺をつけて夜毎蘭の花がジーンのもとに届けられる。姉妹は、クラブがはねると毎晩、道で出会った兵隊をアパートへつれていって慰問会を催すのが常だった。ある夜の客の中にテキサスの農夫のフランク・ミラーという軍曹と、ジョン・ブラウンと名乗る水兵がいた。ジョンはジョン・ディックマン・ブラウン第3世という大金持で例の『ある男』でもあったが、姉妹は全然気付かなかった。ジョンがジーンに参っていることはもち論だが、フランクもジーンを愛する。パッチイはジョンに一目ぼれしたがジョンは妹に夢中なので、彼女は燃ゆる思いを秘めていなければならなかった。アパートの近くの倉庫を兵隊クラブにしたら、とジーンがジョンに語った翌日ニズビーという家屋周旋人が来て、姉妹にその倉庫を使ってよいと言った。姉妹がついて見るとそこには劇場の道具が積まれて、おちぶれ芸人ビリー・キップが住んでいた。姉妹はビリーの助けでクラブにしようと決心すると、多勢の作業員がやって来て倉庫を片付け立派なクラブが出来上がった。そればかりか数百人前もの酒や食物が『ある男』から届けられ、ハリー・ジェームスの楽団、ザヴィエー・クガートの楽団、ホセ・イタービとその他の有名芸能家が出演し毎夜クラブは大繁盛であった。ある日ビリーがニズビーの電話を聞いて『ある男』とは大金持のジョン・ディックマン・ブラウンであることを知り、パッチイに話した。パッチイはさてこそくせ者と思いブラウン邸へ抗議に行く。ところがブラウン1世も、ブラウン2世も知らぬという、その時水兵ジョンの姿を見てパッチイはやっと『ある男』の正体を知った。パッチイは妹にこの事を話し自ら家出を決心するが、ジーンはフランクの方が好きだったので彼と婚約した。ジョンも自分が本当に愛するのはパッチイであることを悟る。

作品データ

原題
Two Girls and a Sailor
製作年
1944年
製作国
アメリカ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.5

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?