TOP > 映画作品を探す > アパッチの怒り

ジェラルド・ドレイソン・アダムスの原作をジョージ・ザッカーマンが脚色、「悲しみは空の彼方に」のダグラス・サークが監督したアパッチ・インディアンが主人公の西部劇。撮影監督はラッセル・メッティ、音楽は「裏街(1941)」のフランク・スキナー。出演は「恋人よ帰れ」のロック・ハドソン、「逢うときはいつも他人」のバーバラ・ラッシュ、それにグレッグ・パーマーなど。製作はロス・ハンター。テクニカラー、スタンダードサイズ。1954年作品。

2/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
3

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アパッチ一派チリカワ族の酋長コチーズは、米軍と講和条約を結んだ3年後、酋長の地位を長男ターザ(ロック・ハドソン)にゆずり、白人との抗争を避けるよう言って死ぬ。が、次男ナイーチェ(バート・ロバーツ)は白人を憎悪し、アパッチの栄光奪回のため兄ターザに反抗する。しかし兄弟反目の裏には、長老グレイ・イーグル(モーリス・アンクラム)の娘ウーナ(バーバラ・ラッシュ)をめぐる恋の争いがあった。ウーナはターザに心惹かれていたが、長老はナイーチェを好いていた。白人を憎むナイーチェは幌馬車を襲い白人を殺す。それを知ったターザは怒り、ナイーチェを捕らえる。そこへアパッチ砦のバーネット大尉(グレッグ・パーマー)率いる騎兵隊が来てナイーチェを連行した。そこでターザは砦を占領し、将軍に強硬談判をする。将軍はやむなくチリカワ地区にアパッチの自衛警察を作ることを承認し、ターザをその長と定め、バーネット大尉がその指導に当った。やがて、アパッチ族の酋長ジェロニモ(アイアン・マクドナルド)が送られてきた。これを知り、グレイ・イーグルとナイーチェは、ジェロニモを首領とし、反乱を起こす計画を立てる。ターザは厳重警戒するが、不隠分子は最も邪魔な大尉を暗殺しようとする。が、ターザの機転で大尉は救われる。ターザはグレイ・イーグルを訪れ、ウーナを妻にしたいと申し入れるが、グレイ・イーグルはその求婚を拒絶する。一方、ナイーチェも300ドルを贈物として結婚を申しこむ。その金は実はジェロニモの金で、ひそかに武器を買う手はずができていたのだ。グレイ・イーグルはナイーチェの求婚を承諾し、3日後に婚礼が行なわれることになった。ジェロニモ一味は反乱を起こし、ターザ率いる警官隊が鎮圧にのりだしたが、手におえない。将軍は騎兵隊を出動させ、激戦の末、反乱者は撃破された。この戦いで、グレイ・イーグル、ナイーチェは戦死し、ジェロニモは捕らえられた。保護地に再び平和がもどってきた。ターザとウーナは結ばれ、保護地の治安維持を続けるのだった。

作品データ

原題 Taza, Son of Cochise
製作年 1954年
製作国 アメリカ
配給 ユニヴァーサル
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > アパッチの怒り