シティヒート|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シティヒート

1985年4月27日公開,0分
  • 上映館を探す

ライヴァル意識ムキ出しの刑事と私立探偵が巨大な悪の組織を相手に戦い、勝利を収めるまでを描く。製作はフリッツ・マーネイズ。ブレーク・エドワーズの監督・脚本で製作に入ったが、途中で降り、かわりにリチャード・ベンジャミンが監督を担当。エドワーズの脚本にジョセフ・スティンソンが手を加えた。エドワーズの名前は使わず、サム・O・ブラウンとクレジットされている。撮影はニック・マクリーン、音楽はレニー・ニーハウスが担当。出演はクリント・イーストウッド、バート・レイノルズなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1933年、カンサスシティ。冷静でスゴ腕のスピア警部(クリント・イーストウッド)と女にモテモテの私立探偵マイク・マーフィー(バート・レイノルズは、警官時代同期で、ことある事にいがみ合う喧嘩仲間。マーフィーの相棒のスウィフト(リチャード・ラウンドツリー)が暗黒街の一方の大物レオン・コル(トニー・ロー・ビアンコ)の隠し帳簿を手に入れて、もう一方の大物プリモ・ピット(リップ・トーン)から2万5千ドル、当のレオンからも5万ドルをせしめようと計画した。スウィフトの恋人ジニー(アイリーン・キャラ)は彼の身を案じ、とめたがきかず、両テンビンにかけられていることを知った組織のボス2人は先を争って帳簿争奪に立ち上がった。その帳簿が公表されればレオン・コルの失脚は明らかなだけに、コルは自己防衛のために、プリモはライヴァルをつぶすために必死だ。そんなある日スウィフトが殺された。だが彼の手元に帳簿はない。ジニーはもとより、マーフィー、秘書のアディ(ジェーン・アレクサンダー)、マーフィーの恋人キャロライン(マデリーン・カーン)にまで危機が迫った。当然、スピア警部が暗黒街の動きに気づかぬ筈もなく、スピアとマーフィーの喧嘩コンビが復活した。2人の手荒な暗黒街壊滅作戦によつて、両組織はあえなくカンサスから姿を消した。(ワーナー映画配給*1時間38分)

作品データ

原題
City Heat
製作年
1984年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.2
  • ゆーみんぱぱ

    3
    2008/7/27

    目の前にいるのに…
    マイク!君の気持ちが分からない

    元の同僚だろ?
    男同士だろ?
    写真飾っておくかい?
    マイク!君の気持ちは本当に分からないよ

    でも、最後の一発は効いたな!
    あれに免じて…許すよ

    【ミニ情報】
    『フェーム』のアイリーン・キャラが自慢の喉を披露しています♪
    撃たれた銃弾は『俺たちに明日はない』以上かも!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告