TOP > 上映中の映画作品を探す > 七匹の無法者

「カンサス大平原」のダニエル・B・ウルマンの実録をもとにしたシナリオを、TV「ローハイド」のチャールズ・マーキス・ウォーレンが演出した西部劇。撮影は「荒野の無頼漢」のエルスワース・フレデリックス、音楽はカール・ブラントが担当した。製作は「荒野の無頼漢」のヴィンセント・M・フェネリー。出演は「バファロー大隊」のジェフリー・ハンター、「十戒(1957)」のデブラ・パジェット、TV「ドクター・キルデア」のレイモンド・マッシー、「ララミー牧場」のジョン・スミスなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1856年カンサス州では、ジョン(レイモンド・マッシー)のひきいる奴隷解放論者とこれに反対するホワイト(レオ・ゴードン)の一派が対立していた。ジョンの息子オウエン(ジェフリー・ハンター)とオリバーは父の運動を助けるため東部からカンサスへ向かった。途中、オウエンは実業家ウィリアムの娘エリザベス(デブラ・パジェット)に会い、2人は恋するようになった。目的地ロウレンに着いた兄弟は、ただちに父ジョンが新しく建設中のキャンプへ向かった。キャンプではジョン2世ら4人の兄弟が働いていた。そんなときホワイトの率いる反対派は、奴隷解放派の家々を焼き討ちした。そして火を消そうとした、エリザベスの父は、彼らに射殺された。身よりのないエリザベスは、オウエンを頼ってキャンプへ逃れてきた。だがホワイト一派はキャンプをも破壊した。その頃カンサス州で行われた奴隷制度の可否を決する選挙はジョンたちの勝利に終わった。しかし奴隷制度全滅を願うジョンは、さらに兄弟たちの協力を求めた。しかし父の行動に疑問を持つ弟たちはこれを断り、オウエンとオリバーが父に従うことになった。しかし合衆国は彼らを反乱軍と認め、討伐隊を送った。多勢と無勢、ジョンは捕らえられ、絞首台の露と消えた。

作品データ

原題 Seven Angry Men
製作年 1955年
製作国 アメリカ
配給 アライド・アーチスツ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 七匹の無法者