TOP > 映画作品を探す > 死刑囚に聞け!

ハードボイルドのギャング映画。スタンリー・ルービンの原作をネッド・ヤングが脚色、ジャック・バーナードが監督した。撮影ウィリアム・オコンネル、音楽はエドワード・ケイ。主演はエドワード・ノリスジーン・ギリー

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

輸送途上の銀行の金40万ドルを奪ったフランキーは、金を人里離れた森に隠したが間もなく逮捕された。情婦のマーゴット(ジーン・ギリー)は金の隠し場所を知ろうとしたが、フランキーは口を割らぬまま青酸ガスで死刑にされることになった。マーゴットは青酸ガスで死んだ人間は死後1時間以内なら“メチレン青”という毒薬を用いれば生き返ることを知り子分のヴィンセントと、刑務所の嘱託医クレイグ(エドワード・ノリス)を色仕掛で口説き、フランキーの復活に成功した、だが慎重なフランキーは金の隠し場所を地図に書いたが、2分してマーゴットとヴィンセントに与えた。ヴィンセントはフランキーを射殺した。一方、刑事のポルトガルは、マーゴットの美しさに下心をもち、かねて接近を試みていたが、それと覚った彼女は、嫌がるクレイグに運転させ金の隠し場所に車を走らせた。途中マーゴットは、これも金を探しに来たヴィンセントを轢き殺し2つの地図で金の入った箱を見つけ出した。こうなってはクレイグも無用と、彼女は彼に拳銃を浴びせ金箱を抱え家へ戻った。クレイグは重傷の身を親切な通行人の助けでマーゴットの家へ運ばれたが有無をいわせず彼女を撃ち、自分も息絶えた。瀕死のマーゴットの許へ刑事ポルトガルが来た。女の頼みで金箱をあけたが、出てきたのは1ドル紙幣1枚であった。

作品データ

原題 Decoy
製作年 1956年
製作国 アメリカ
配給 アライド・アーチスツ=映配
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 死刑囚に聞け!