TOP > 上映中の映画作品を探す > シーラ号の謎

1艘の豪華ヨットの中で次々に起こる恐怖の殺人事件を描く。製作・総指揮はスタンリー・オトゥール、製作・監督は「ボギー!俺も男だ」のハーバート・ロス、脚本はスチーブン・ソンドハイムと俳優のアンソニー・パーキンス、撮影はジェリー・タービン、音楽はビリー・ゴールドンバーグ、編集はエドワード・A・ワーシルカ・ジュニア。出演はリチャード・ベンジャミンダイアン・キャノンジェームズ・コバーンジョーン・ハケット、ジェームズ・メイスン、イアン・マクシェーン、ラクェル・ウェルチ、イヴォンヌ・ロメインピエロ・ロッソサージ・シートンロベルト・ロージなど。

4/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ある晩、ひとりの女がひき逃げ事故のために死亡した。女の名はシーラ(イヴォンヌ・ロメイン)、ハリウッドの映画製作者クリント・グリーン(ジェームズ・コバーン)の妻だった。グリーンはカンヌにある彼の、妻の名を取った豪華ヨット“シーラ号”に生前妻と親しかった6人の映画関係者を集めた。この中に必ず妻を殺した犯人がいると思った彼は、ひき逃げ犯を自ら捕らえようと決意したのだ。新進気鋭のシナリオ作家トム(リチャード・ベンジャミン)とその妻で金持ちのリー(ジョーン・ハケット)。有力な芸能マネージャーのクリスチーヌ(ダイアン・キャノン)。くたびれた老監督フィリップ(ジェームズ・メイスン)、大女優アリス(ラクウェル・ウエルチ)とその夫アンソニー(イアン・マクシェーン)。全員が容疑者である。クリントは6人を船上に集めると、各自に謎めいた言葉を書いたカードを渡し、「ラスト・オブ・シーラ」という映画を作ろうと話す。これからその映画のために、あるゲームを始めると、全員に鍵を手渡した。第1のゲームは、今晩、町に上陸してその鍵に合う部屋を捜し出す、というものである。もちろんそれは、彼らの仮面を剥ぎ、シーラを殺した犯人を暴くために工夫された心理ゲームなのだ。翌日もゲームは続けられた。崩れかけた教会の中、全員が黒のローブを身にまとい、ローソクの灯をを頼りに迷路をさまよっていた時、不気味に渦巻く黒雲をはらみ、闇を切りさく稲妻とともに雷鳴となった。その懺悔室では、クリントを殺したトムがその声色を使って、入ってきた妻リーを脅迫していた。リーは恐怖のあまり、あやまってシーラをひき殺したことを告白した。さらに狂乱したリーは既にトムに殺されていたクリントを棒で殴りつけた。こうして事件は解決かと思われたが監督のフィリップが、浴槽で両手首を切り血まみれになって死んでいるリーの死体を発見した事によって事態は一変し、7人で始めた殺人ゲームの疑惑はさらに深まっていく。恐怖と疑惑に満ちたまま、いよいよゲームは佳境に入り、真犯人のベールが剥がされようとしていた。老監督フィリップスはトムに迫った。大金持ちの妻リーを罠に陥れ、その財産を横取りしようとたくらんだことを俺は知っている、と。さらに映画を作りたくて仕方のないフィリップは、遺産を映画製作費を出資するように、と。その時、そこに飛び込んできたクリスチーヌに向かってフィリップはつぶやいた。“今度、新しい映画を監督することに決まった。製作費はトムが出資してくれる”。何も語らぬトムの表情は苦痛に塗りつぶされていた。

作品データ

原題 The Last of Sheila
製作年 1973年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー映画
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > シーラ号の謎