映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 処女散歩

「ギャングの花嫁」「春を手さぐる」のキャロール・ロンバートと、「ポンペイ最後の日(1935)」「愛の弾丸」のプレストン・フォスターが主演する映画で、「激浪」「カーニバル」のウォルター・ラングが監督した。原作はフェイス・ボールビンの小説で、されを「恋をしましょう(1933)」「春を手さぐる」のハーバート・フィールズが脚色した。助演者は「バラはなぜ紅い」のジャネット・ピーチャー、「米国の機密室」のシーザー・ロメロ、「偉大なる人生」のベティー・ローフォードを始め、ダグラス・ブラックリードン・ブリッグスバート・ローチアンドレ・ド・ベランジェジョイス・コンプトンなどである。撮影は「パリは夜もすがら」「さらば海軍兵学校」のテッド・スズラフが担当した。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ケイ・コルビイは恋人のビル・ワズワースが商用で2年間日本へ行くことになったので、別れるのを淋しく思って一生懸命その出張を思い止めさせようとした。けれどもビルは彼女の願いを無視して出発することになった。波止場へ見送りに行って、ケイはスコット・ミラーに合った。彼もビルと同じ船で恋人のキャムパネラが日本へ発つので見送りに来ていたのである。スコットはケイを食事に誘って、ビルを外国へ出張させたのは自分であり、それはビルが日本へ行けばケイに会えないからそうしたのだと言った。怒ったケイは彼と分かれ、直ぐこのことをビルに無線電話で知らせた。スコットはケイがブラブラ歩いているのを後からついて行った。そこへ通りかかった学生たちがケイをからかったので、スコットは早速飛び出して大乱闘になったが、このどさくさにケイは片方の眼を殴られて黒い痣になってしまった。彼女の母親は娘が金持ちのスコットに世話されることを望んでそう勧めるが、ケイはそれを鼻であしらう。スコットはまた平気なもので、彼女が自分を避難するとはどうも信じられんというのである。ある時ケイが仮装舞踏会に行こうとすると、スコットは横から出てきて勝手に護術の役を買い、舞踏会で彼女の愛を求めたが激しい口調できっぱりと振られてしまった。その後、ケイが彼の事務所へ切符を売り付けに行くと、スコットはまたケイを愛していると告げ結婚を求めたので、もともと心では彼を好きだったケイはついにそれを承諾する。彼女と母親が彼の別荘を訪れた時、スコットはビルに帰国命令を出したと告げた。まもなくビルが帰ってきてケイと二人でナイト・クラブへ行くとそこでスコットとキャムパネラに合ったが、ケイはビルがキャンパネルラと非常に親しいのに気が付いた。その後ケイはビルと小船で海へ行き、彼女の母親はスコットと贅沢なヨットで同じ方へ出かけた。途中嵐になってケイはスコットの船に無理に乗せられたが、彼は船長を呼んで自分と彼女の結婚式を挙げるように命令したのである。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Love Before Breskfast
製作年 1936年
製作国 アメリカ
配給 ユニバーサル映画日本支社
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 処女散歩