映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 小連隊長

「輝く瞳」につぐシャーリー・テンプル主演映画で、原作はアニー・フェローズ・ジョンストンで、監督デヴィッド・バトラー、脚色ウィリアム・コンセルマン、撮影アーサー・ミラーのスタッフは全部「輝く瞳」同様である。主演者テンプルと共に「宝島(1934)」「明日の太陽」のライオネル・バリモアが主演するほか「キャベツ畑のおばさん」「明日なき抱擁」のイヴリン・ヴェネブル、「恋のページェント」「若草物語(1933)」のジョン・デイヴィス・ロッジ、「巌窟王(1934)」のシドニー・ブラックマー、「暴風の処女」のハティー・マクダニエル、「青春の頬杖」のフランク・ダリアンオルデン・チェースウィリアム・バーレスらが出演している。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

軍人気質、頑固一徹な往年の南北戦争の老勇士ロイド大佐は1人娘エリザベスと共にケンタッキーの片田舎で静かな余生を送っていた。ある日娘エリザベスはふとしたことより北軍の血を多分に受けた青年ジャックと知り合いになり、その後2人は恋する様になった。エリザベスが父に2人の仲を打ち明けたとき、ちち大佐は大変怒ってその恋を許さなかったので彼女は父を捨ててジャックの許へ奔った。老大佐はその後いよいよ癇癪が強くなり近所の人々から「雷親父」とあだ名されるようになった。エリザベスとジャックは結婚して西部へ赴き、土地を買ったがそれは全然使い物にならない位酷い所であった。やがてエリザベスはシャーリーを生み2人の限り無い愛によってシャーリーはすくすくと成長していった。しかし生活に脅かされた親子3人の暮らしは惨めなものだった。そこで両親は相談の結果、生活に恵まれるまで別々に生活する事とし、エリザベスはシャーリーを連れて父の住むケンタッキーに戻ってきたがさすがに父の家へは帰れず、その近所に家を借りて生活を始めた。そのうちシャーリーはいつか祖父ロイド大佐と知り合いになり、その後父ジャックがこの土地に戻ってきた頃にはロイド大佐にとってシャーリーはなくてはならぬ程可愛い存在となっていた。そうしてこの可愛いシャーリーが絆となって、老大佐ロイド一家に幸福が訪れて来たのである。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Little Colonel
製作年 1935年
製作国 アメリカ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 小連隊長