硝煙の新天地|MOVIE WALKER PRESS
MENU

硝煙の新天地

1952年5月8日公開,0分
  • 上映館を探す

「タイクーン」のジョン・ウェインが主演する石油採掘の活劇、1943年作品。製作はロバート・ノース、監督は「荒原の征服者」のアルバート・S・ロージェル。トムソン・バーティスのストーリーを彼自身潤色し、エセル・ヒルとエリノア・グリフィンが共同脚色した。撮影は「暗黒の命令」のジャック・マータ、作曲は「シエラ」のウォルター・シャーフ。ウェインをめぐる出演者は「美しき生涯」のマーサ・スコット、「頓馬と金髪娘」のアルバート・デッカー、「暗黒の命令」のジョージ・“ギャビー”ヘイズ、それにマージョリー・ランボー、デール・エヴァンス、グラント・ウィザース、シドニー・ブラックマーら。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

女教師ケイシー(マーサ・スコット)は小説を書く進取の女性でそのため町を追われ、カンサス・シティ行きの列車に乗り込んだ。列車の中で彼女は、サプルパの町の石油ボス、ジム(アルバート・デッカー)と牧童のダン(ジョン・ウェイン)と知り合った。2人の男はケイシーに惹かれ、3人はサプルパに降りたが、ケイシーはジムに魅せられて彼のあとを追い、ダンはベッシー(マージョリー・ランボー)の経営するホテルに落ち着いた。ジムはダンの腕っぷしを認めて彼を用心棒にしたが、ジムがインディアンと油田地帯の借地契約をしようとしたとき、ダンはジムの不当利得をつき、インディアンの酋長は却ってダンと契約したため、2人の間は対立した。ジムはワシントンに赴き、ルーズベルト大統領に許可を求めたところ、大統領はダンと旧知の仲だったのでダンに許可を与えた。だがその許可は、一定期限に1万ガロンの石油をタルサの製油所に運ばなければ取り消されることになっていた。ダンたちは石油の採掘を始め、いまはダンに好意を持つケイシーもベッシーも応援したが、ジム一味の猛烈な妨害にはまったく手を焼いた。しかし採掘は成功し石油を数十台の馬車に分載してタルサに運ぶことになった。輸送の途中にもジム一味の妨害はくりかえされたが、一致協力して遂に期限までに間に合わせ、ダンは一躍大金持ちになると共にケイシーをも得た。

作品データ

原題
War of the Wildcats
製作年
1943年
製作国
アメリカ
配給
リパブリック=NCC
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?