TOP > 映画作品を探す > シャドーチェイサー 地獄の殺戮アンドロイド

人違いで刑務所から釈放された元フットボールプレイヤーが、殺人アンドロイド率いるテロ集団を相手に闘うSFアクション。監督は、製作も兼ねるジョン・イヤーズ、製作はジョフ・グリフィス、エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・イヤーズ、ジョフ・グリフィス、ジョン・カーティスロイド・L・シマンドル。脚本はスティーブン・リスター、撮影はアラン・M・トロウ、編集はデラク・レーン、音楽はゲイリー・ピンダーが担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

近未来のある大都市。巨大病院のハイテク高層ビルがテロリストに占拠され、大統領の娘セーラを含む多数の患者が人質にされた。テロ部隊を指揮するのは、軍事用アンドロイドのロミュラス(フランク・ザガリーノ)。FBIは、ビルの設計士の協力を依頼するべく冷凍監獄に入られていた彼を釈放しようとするが、間違えて元フットボール選手のマイケル・ダシルバ(マーティン・コーヴ)を蘇生させしまう。ダシルバはディクソンになりすまし、救出隊に参加してビルに乗り込むが、他の隊員たちは皆殺される。ひとり残ったダシルバはテロリストと銃撃戦を繰り広げ、セーラを救出するが、ロミュラスのパワーには歯がたたず、セーラは再びつかまってしまう。そこへ、身代金を持った大統領がやってくるが、ロミュラスの生みの親キンダーマン(ジョス・エイクランド)に殺される。すべては、キンダーマンの謀略だったのだ。ビルに爆弾が仕掛けられているのを発見したダシルバがキンダーマンを倒し、セーラと共に逃げ出そうとしたところへ、ロミュラスが襲いかかった。2人は間一髪逃れ、ロミュラスはビルから落ちて死ぬ。地上に降りた2人を死んだはずの大統領が待っていた。殺されたのは、実はアンドロイドだったのだ。

作品データ

原題 Project Shadow Chaser
製作年 1992年
製作国 アメリカ
配給 日本ビクター=ワールドテレビジョン
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > シャドーチェイサー 地獄の殺戮アンドロイド