映画-Movie Walker > 作品を探す > カル

カルの画像

 絶好調の韓国映画界が“ハード・ゴア・スリラー”と銘うった、ショック描写満載のサスペンス・ミステリー。あの「セブン」を思わせる連続猟奇殺人事件の行方を、重厚なムードで映しだす。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 4
レビュー 0
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 50% (1)
星4つ 100% (2)
星3つ 50% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ソウルで2件のバラバラ殺人事件が発生する。初めの死体には腕が、2番目の死体 には胴がない。特別捜査班が設けられチョ刑事(ハン・ソッキュ)が事件を担当するが、捜査は一向に進展しない。唯一の手がかりは、死体切断の精巧さから推測できる医学的知識と死体から発見された防腐剤ヘクサメディン。そして数日後、さらに3番目の死体が……。解剖検査医のク検視(アン・ソクファン)は、歯の治療歴からこの犠牲者の身元を割り出す。犠牲者の身元引受人チェ・スヨン(シム・ウナ)に会ってわかった驚くべき事実。3人の犠牲者は、すべて彼女の過去と現在の恋人だった。スヨンはフランス留学後、博物館の遺物復元室に勤める美貌の才媛。有力な容疑者は、彼女を欽慕する同僚のギヨン(ユ・ジュンサン)。ギヨンのヘクサメディン購入が明らかになり、チョ刑事は彼を連行するが、取調べ中にスヨンが襲撃を受け、釈放されたギヨンは姿をくらます。消えたギヨンの家で3番目の犠牲者の 心臓が発見されるが、彼は4番目の死体となって発見される。スヨンと何度も会ううちに、少しずつスヨンに対する想いが募っていくチョ刑事。彼を5番目の犠牲者として予告する犯人。犯人は果して誰なのか。

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

原題 텔 미 썸딩
製作年 1999年
製作国 韓国
配給 クロックワークス
上映時間 118
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > カル