料理長殿、ご用心|MOVIE WALKER PRESS
MENU

料理長殿、ご用心

1979年5月5日公開,112分
  • 上映館を探す

ロンドン、パリ、ベニスの有名レストランで次々に起こる料理長殺人事件をコメディ・タッチで描く。製作総指揮はマーブ・アデルソンとリー・リッチ、製作はウィリアム・アルドリッチ、監督は「おかしな泥棒 ディック&ジェーン」のテッド・コッチェフ。アンとアイヴァンのライアンズ夫妻の原作を基にピーター・ストーンが脚色。撮影はジョン・オルコット、音楽はヘンリー・マンシーニが各々担当。出演はジャクリーン・ビセット、ジョージ・シーガル、ロバート・モーリー、ジャン=ピエール・カッセル、フィリップ・ノワレ、ジャン・ロシュフォール、ルイジ・プロイエティ、ステファノ・サタ・フロレス、マッジ・ライアン、フランク・ウィンザー、ピーター・サリス、ティム・バーロー、ジョン・ルメスリエなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

バッキンガム宮殿の調理場では、グランド・シェフの指揮のもとで、世界一流のシェフたちが忙しく働いている。オードブルは、ロイヤル・グリルのシェフ、ルイ(ジャン=ピエール・カッッセル)のハトの包み焼きそして最後を飾るデザートは、70ポンドもあるボンブ・グラッセ。作るのは、ニューヨークからやってきた世界一のデザート・シェフ、ナターシャ(ジャクリーン・ビセット)。爆弾という意味のそのアイスクリームのデザートは、最後に火が点けられるというものだ。そのころ、王室晩餐の主催者マックス(ロバート・モーリー)は、主治医から「減食しなければ、あと半年の生命」と言われ、ショックを受けていた。グルメのための料理雑誌を主宰し、美食家として権威をもつマックスにとって減食は死よりもひどい仕打ち。シェフたちが、芸術ともいえる料理を生み出す限りマックスの生命は縮まる。マックスの頭に浮かんだのは、自ら選び抜いた「世界のシェフ・ベスト4」--ルイ、ロブスター・カルチオフィ風のゾッピ(ステファノ・サタ・フロレス)、プレスド・ダックのムリノー(フィリップ・ノワレ)、そしてナターシャの4人だった。一方、ロンドン郊外では、ナターシャのもとの夫ロビー(ジョージ・シーガル)が、ヨーロッパ全土にオムレツ・チェーンをつくろうと準備中。ルイとナターシャが女王陛下からお誉めを賜わった日の夜、ルイがオーブンの中で焼かれて死んだ。続いて、ゾッピの死体が、彼のレストランの水槽の中で発見された。そして、ムリノーも、彼のダック・プレス機で頭を砕かれて…。次は私の番、とおびえていたナターシャだったが、彼女がテレビの料理ショーでデザートに火を点けようとした寸前に、事情を察知してかけつけたロビーに救われた。そのデザートには本物の爆薬が仕掛けられていたのだった。犯人は、なんとマックスの秘書のビーチャム(マジック・ライアン)で、マックスの死を防ぐために、4人のシェフの殺人を考えたのだった。

作品データ

原題
Who is Killing the Great Chefs of Europe?
製作年
1978年
製作国
アメリカ
配給
日本ヘラルド映画
上映時間
112分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.8
  • 邪魔なハット

    5
    2008/5/20

    邦題にはセンスを感じないし、原題は内容を語ってるだけ。
    でも、サスペンスでありながらコミカルな一面もある内容だからこそのこの邦題だろうし、オリジナルタイトルも、逆に意味不明なものをつけるよりは単純にストーリーを語っているこちらの方がストレートでいいかも。
    もちろん、タイトル以上に映画の内容は濃い。

    ジャクリーン・ビセットは本当に美形だ。
    現代の人気女優の多くはルックスに何かしらの特徴があって、それはそれで個性的で素晴らしい。
    一方で、往年の女優にはイングリッド・バーグマンやグレース・ケリーなど、正統派美人が見られた。

    この映画はJ・ビセットの魅力が満載。
    ジョージ・シーガルもいい。
    サスペンスファンには物足りないだろうが、個人的には大好き。

    ただ、ビセット演じるナターシャが作る‘Bomb’はあんまり美味しそうには見えない・・・。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告