映画-Movie Walker > 作品を探す > すずらん 少女萌の物語

すずらん 少女萌の物語の画像

 橋爪功らTV版のメンバーに加え、映画版ならではの豪華ゲストも集結。母役の黒木瞳をはじめ、若手実力派の池内博之、ベテランの中村梅之助など多彩な顔ぶれが勢ぞろい。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大正12年。北海道留萌線明日萌駅駅長・常盤次郎は、待合室に置き去りにされていた赤ん坊に萌と名付け、彼女を1年前に他界した妻の生まれ変わりと信じ育てた。それから11年、昭和10年の冬。12歳になった萌は、雪に埋まって鉄道事故に巻き込まれそうになったところを秀次という青年に助けられる。だが、彼は父親殺しで指名手配中の身の上だった。命の恩人である秀次に憧れを抱く萌は、彼がそんな人間だとは信じられない。そこで次郎に懇願し、彼を留萌の鰊番屋へ逃がしてもらう。ところで、次郎にはある悩みがあった。それは、2年前、萌に一目会いたいと言いながら、約束の日に彼女を駅の待合室に待たせたまま、結局姿を見せなかった母親・川本フキが、再び明日萌の近くに姿を現したこと。勿論、次郎は萌を二度も捨てたフキに会わせるつもりなど微塵もなかったが、その実、萌を彼女に取られてしまうのではという不安に駆られていた。だが、その相談を中村旅館の夫婦にしているのを、萌がこっそり聞いてしまう。募る母親への思いと育ての父への義理に、小さな胸を痛める萌。それから暫くして、彼女は中村旅館の一人息子・竹次郎と秀次の忘れ物を届けに鰊番屋へと出かけた。ところがその帰り際、萌は壁に掲げてある名札に母の名前を見つける。竹次郎の計らいで、番屋の手伝いをしながらフキの帰りを待つことになる萌。しかし、フキは既に番屋を離れた後だった。次々に船を出していく番屋の男衆。ところが、急に海が時化て漁は中止。綱を切らなければならない事態に、秀次がその役目を買って出たお陰で被害を最小限に食い止められるも、彼は命を落としてしまう。さて、迎えに来た次郎に連れられ明日萌に帰ることになった萌。その途中、彼女は川の対岸に母の姿を見る。それは、言葉も交わすことのない、ほんの束の間の再会であった。その後、萌は次郎とふたり、行燈祭りに賑わう明日萌の町に帰っていく。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2000年
製作国 日本
配給 2000松竹
上映時間 102
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 黛りんたろう
製作 田中浩三高橋康夫
製作総指揮 大谷信義酒井治盛
チーフプロデューサー 野村芳樹田代勝四郎
プロデューサー 田沢連二吉岡和彦坂美佐子
脚色 清水有生
脚本協力 清水有生
撮影 中堀正夫
音楽 岩代太郎
音楽プロデューサー 金子恒彦小野寺重之
主題曲/主題歌 柊瑠美灘麻太郎
美術 中澤克巳
編集 奥原好幸
録音 北村峰晴
スクリプター/記録 牧野千恵子
スチール 永江和之
音響効果 斉藤昌利早川隆彦
助監督 佐々部清
照明 丸山文雄
ライン・プロデューサー 貝原正行
衣裳/スタイリスト 及川有角深沢由美子
製作担当 芳川透
CGI 吉田祐司橋本聡

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > すずらん 少女萌の物語