キラー・ヴァージンロード|MOVIE WALKER PRESS
MENU

キラー・ヴァージンロード

2009年9月12日公開,97分
  • 上映館を探す

人気俳優、岸谷五朗の初監督作となるコメディ。上野樹里演じる結婚前夜に誤って人を殺してしまった女と、木村佳乃扮する死にたくても死ねない女がハチャメチャな逃亡劇を繰り広げる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ドジなOLのひろ子はリッチなイケメンとの結婚前夜に誤ってアパートの大家を殺してしまう。結婚式終了まで死体を隠そうと、ひろ子は富士の樹海へと車を走らすが、見知らぬ女・福子が車にひかれようと飛び出してくる。

作品データ

製作年
2009年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
97分

[c]2009 「キラー・ヴァージンロード」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.6
  • ns_hind

    1
    2012/4/8

    結婚式前日に不運にも人殺しになってしまった上野樹里が死にたい女木村佳乃と逃避行する。

    役者さん達の演技は良かったと思いますがお話が残念でした。岸谷五朗さんが監督・脚本デビューの様ですが、まずは脚本を実力のある作家の方にお願いした方が良かったのではないでしょうか。

    つまらないですが、まあポジティブだし有害ではないです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • とらとら☆TRTR

    3
    2009/10/13

     
    死体やスーツケースは篠原哲雄監督作品
    岸谷氏主演の「オー・ド・ヴィ」の
    一場面を想起させる
     
    スーツケースを転がす上野樹里ちゃんは
    三木聡監督「亀は意外と速く泳ぐ」の
    ラストシーン
     
    林泰文クンの登場など、関係者過去作品への
    リスペクトかと思われるシーンも、
    そこここに登場するので、勝手な解釈をしながら、
    自分なりの愉しみ方を創造することができる、
    意外とマニアックな作品なのかもしれない
     
    クドカン脚本の「舞妓haaaaan」がオーバーラップする
    劇中劇のおふざけも滑稽で妙味
    ただ、カーナビ画面はちょっと簡略化し過ぎかも
     
    でも、泣かせる場面は泣かせてくれた
     
    そこはストーリーテラーとしての岸谷氏の技量
    DVDレンタルで繰り返しながらもう一度
    観てみたいとは思う

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • しろくま

    4
    2009/10/7

    レビューでの評価が二分されていて、おまけに時間も短く、過度の期待はしていませんでした。
    でもね、面白いです。全国上映では久々のドタバタコメディーって感じで、楽しませてもらいました。

    本作は“娯楽”として楽しむ映画だと思います。
    不景気な現代、心に余裕の無い方は楽しめないと思います。
    また、想像力に乏しい方にも、理解できない作品でしょう。
    そういった点で、万人が楽しめる作品では無いですし、次回作に期待を込めて、☆は4つにしておきます。

    娯楽にリアリティーを求める方には、タダでも高いかと思います。そういう方は、ドキュメンタリー映画へどうぞ。
    正月やお盆の深夜に放送されたりする、邦画の喜劇映画を苦に思わない方であれば、割引1200~1300円程度なら納得できると思います。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告