映画-Movie Walker > 作品を探す > サブウェイ123 激突

1974年に映画化された傑作犯罪小説を、デンゼル・ワシントン&ジョン・トラボルタ主演で再度映画化。地下鉄の乗客と引き換えに金を要求する犯人と地下鉄職員との頭脳戦が展開する。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 167
レビュー 39
投票 128
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 27% (19)
星4つ 76% (52)
星3つ 100% (68)
星2つ 33% (23)
星1つ 7% (5)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

午後2時00分、ニューヨーク地下鉄運行指令室のガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の列車が緊急停車しているのに気づく。しかも止まっていたのは、切り離された1車両だけだった。胸騒ぎを覚えたガーバーは、無線で列車にコンタクトを取る。すると回答してきたのは、ライダーと名乗る男(ジョン・トラヴォルタ)だった。ライダーは車両に乗っていた19人を人質として、地下鉄をジャックしていた。ライダーは人質の解放の条件として、59分以内に1000万ドルの身代金を用意するよう要求する。しかも、身代金を用意するのはニューヨーク市長(ジェームズ・ガンドルフィーニ)、交渉相手にはガーバーを指名する。地下鉄のことを熟知しているガーバーは、犯人が逃げ切ることは不可能だと確信する。しかしライダーは、圧倒的な自信で要求を重ねていく。

見たい映画に
登録した人
45

作品データ

原題 The Taking of Pelham 1 2 3
製作年 2009年
製作国 アメリカ
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間 121
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

ライダー ジョン・トラヴォルタ
ウォルター・ガーバー デンゼル・ワシントン
カモネッティ警部補 ジョン・タートゥーロ
フィル・レイモス ルイス・ガスマン
ジョン・ジョンソン(ガーバーの上司) マイケル・リスポリ
ニューヨーク市長 ジェームズ・ガンドルフィーニ
ウォレス ベンガ・アキナベ
ジョージ アレックス・カルジュスキー
デルガド ラモン・ロドリゲス

レビュー

「商品=commodity」と語る非情さ

投稿者:晴耕雨読

(投稿日:2009/09/06)

 ジョン・トラボルタ扮するラーダーと名乗る男が地下鉄を乗っ取…

[続きを読む]

支持者:10人

2009年

投稿者:チョキ

(投稿日:2017/12/08)

2009年の作品なのに地下鉄でネット接続出来てる。 これっ…

[続きを読む]

支持者:0人

決闘

投稿者:きっちゃん

(投稿日:2009/10/08)

この映画の見所は、何と言ってもデンゼル・ワシントンとジョン・…

[続きを読む]

支持者:2人

関連ニュース

『サブウェイ・パニック』(2作品)

サブウェイ123 激突
サブウェイ123 激突 (2009年9月4日公開)

デンゼル・ワシントン主演、トニー・スコット監督で同名映画をリメイク

  • サブウェイ・パニック (1975年2月8日公開)

    ニューヨークの重要な交通機関である地下鉄がハイジャックされたことから起こるパニックを描く。

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > サブウェイ123 激突