TOP > 上映中の映画作品を探す > 縞模様のパジャマの少年 > レビュー

投稿レビュー(18件)縞模様のパジャマの少年は星4つ

ハラハラドキドキ (投稿日:2009年8月19日)

友人が当てた試写会で観てきました。

とても衝撃的な映画です。
淡々と進んできた物語が後半30分くらいで一気に緊張が加速していくのが怖かった。
「あああダメだってば!!」と心の中で何度叫んだことか…

同じ8歳なのにここまで境遇が違うのもそういう時代だったんだなあと心が痛い。
そしてこのナチス系の映画を観るたび思うのは、この時代に生きていなくてよかったということ。
理不尽だなあ、ホント。

あとこの映画は個人的には世界が広がってとてもよかったのですが星3つにしました。
とてもとても切ないので万人受けしないと思ったので…。 »ガイドライン違反報告

投稿:えみ

評価:3
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

切ない映画だと思う (投稿日:2009年8月19日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

切ない映画だと思う。
でもそれは、少年では無い。

我が子が、非情なナチスの将校として踏ん反り返っていて、自分の忠告になど耳を傾けない現実に、目を背けたい年老いた母の気持ち。

夫の仕事の恐ろしさを目の当たりにし、非難し、その現実から子供を引き離したいと思った真っ当な母親の気持ち。息子の仕事に反感を持ちながら亡くなった義母の気持ちに報いれなかった絶望感。

あの時代、唯一戦争に参加せず中立を主張したスイスに亡命した父の子で有りながら、ナチスとなり、父の存在故に前線に送られたルパート・フレンド演じる中尉。

ユダヤ人は悪だと教えたナチス。

主人公の少年ブルーノと、ユダヤの少年シュムエルの友情よりも、息子を治療した奴隷のようなユダヤ人に「ありがとう」と言った母の高潔さに、私は涙しました。

そして、『キングダム・オブ・ヘブン』や『ハリー・ポッター』で善い人を演じても、やはりシューリスはやはり悪役の方がしっくりきます。『タイムライン』のように。

卑怯者のブルーノ少年を好きになれないので、ラスト、悲劇だとは思えませんでした。
母親は可愛そうだけど。
父親は自業自得だし、可哀想なのは好奇心で身を滅ぼしたブルーノ少年では無く、罪の無いユダヤの人々だから。

こう言う役目についていた父親は敗戦後に処罰を受ける対象だったのでしょうね。

»ガイドライン違反報告

投稿:

評価:3
星評価

3人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

オーソドックスなナチ映画 (投稿日:2009年8月17日)

サービスデイ1000円恵比寿ガーデンシネマ1人で。


冒頭ナチ占領化のベルリンの街を飛行機走りの子供達が駆け抜けます。その元気の良さと鉤十字のタぺストリー。ハーケンクロイツのマークの映画、いままで何度観たのでしょうか?
思ったよりもオーソドックスなナチ映画でしたね。主人公の少年ブルーノ(なんて聞くとサンマルチノ!なんて頭に浮かんでしまいます)が美少年で是非とも彼にオーメンダミアン演じて欲しいと即思ってしまいました。純粋で怖いもの知らずで世間知らずの八歳の男の子がお父さんがナチ軍人で収容所の所長になってしまったために、ある縞模様のパジャマの少年と仲良くなり、ある約束をしたため・・・・・・・・ってなお話です。

結局子供達の事が何もわかっていないお母さん、ナチに翻弄されるお父さん、いきなりキレるお父さんの部下のイケメン中尉、異様に綺麗なお手伝いさん、ヒトラーナチをアイドル扱いで中尉にメロメロのお姉ちゃん等々のキャラクターがとても良かったのです。

残虐シーンも少しは描いた方が話がしまったかもしれません。 »ガイドライン違反報告

投稿:HAL

評価:3
星評価

3人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

美しき友情は奇跡を起こさない (投稿日:2009年8月14日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

この映画はホロコーストを扱った映画。だからポスターが清々しく綺麗でも、主役の子供が可愛くても決して楽しく観られる映画ではない。

この映画は主人公・8歳のブルーノの目線で描かれているので、ブルーノに理解出来ない事、目に入っても見えない事は詳しくは描かれていない。
ナチスや強制収容所が何なのか、詳しくはなくても知っている事を前提に話が進められ、要所要所で見る側が背景を想像させられる。

ブルーノの唯一の友達となったユダヤ人少年のシュムールも8歳、彼がもう少し大きくて現状を正確にブルーノに伝えられたら、と思わなくはない。

ラストは重たいが、ブルーノはドイツ人にとってかけがえのない一人だったけれどシュムールは数百万の中に一人だった事を思うと二重で重たくなる。
そして二人の違いはパジャマ一つでしかなかった事にも。 »ガイドライン違反報告

投稿:葡萄

評価:4
星評価

5人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

悲しすぎるスタンド・バイ・ミー (投稿日:2009年8月13日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

戦争に対してあまりにも無知で無邪気なドイツ人少年。
そして小さな体で過酷な現実を受け止めざるを得ないユダヤ人の少年。
2人が現実の壁を越えて友情を育む姿は
「人間も捨てたもんじゃないな」と思わせてくれます。
しかし、少しずつ静かに壊れていく家族の姿、少年たちのささやかな絆さえも
無残に打ち砕く戦争という大人の論理。
最後に残るのはまさに絶望です。
本当に大切なものを守りたかったらどうすればいいのか、
普段避けて通っている宿題に
向き合わせてくれる映画だと思います。 »ガイドライン違反報告

投稿:あろはどりーむ

評価:4
星評価

3人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

8才の2人の少年 (投稿日:2009年8月13日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

ナチス将校の8才の息子ブルーノは、強制収容所にいる自分と同い年のパジャマの少年と友達になりますが、自分がついた嘘で、パジャマの少年を酷い目にあわせてしまいます。
ブルーノは自分を許してくれたパジャマの少年の為にある事をしてあげようとしますが、誰も教えてくれない強制収容所の恐ろしい真実を知らないまま、8才の2人の少年の運命は…。
言いようのない気持ちになる衝撃的な作品でした。 »ガイドライン違反報告

投稿:グラスワンダー

評価:3
星評価

4人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

月並みだけど”衝撃のラスト”! (投稿日:2009年8月12日)

まさかそんな結末になるとは予想もしていなかっただけに、かなりの衝撃……
ほんとに言葉を失いました。

でも冷静に考えてみれば、あれ以外の結末はやはり考えられない。

冷徹なナチス将校も、実はどこにでもいる、家族を愛する一人の父親なのだ。
ナチスやホロコーストを扱った映画はほとんど観ているが、これは本当に子どもに観せたい作品。

残念なのはBBCの映画なので、みんな英語をしゃべること。ドイツ語で聞きたかった。
»ガイドライン違反報告

投稿:theory

評価:4
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

言葉が出ない (投稿日:2009年7月29日)

衝撃的!
ナチとか、ユダヤ人迫害を扱ってる映画はつい見てしまう。
この作品は、今までのユダヤ人迫害を扱ってる作品と少し違う。言葉がでない。
でも、多くの人に見てもらいたい作品です。
この少年にとっても、私たちにとっても、無知であることは怖すぎる・・そして、罪でもあるから・・。 »ガイドライン違反報告

投稿:ぷらねっと

評価:5
星評価

4人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 縞模様のパジャマの少年 > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る