映画-Movie Walker > 作品を探す > 冬の怪談 ぼくとワタシとおばあちゃんの物語

魔界を封印する力の継承をめぐり悪霊たちと戦うヒロインの姿を描いたロマンティック・ホラー。主演は、ハロプロの℃-uteのリーダーとして活躍中の矢島舞美。そのほか「長州ファイブ」の原田大二郎、「RUN3/TWILIGHT FILE V」の木村延生、「I am 日本人」の中島マリ、ハロプロエッグの福田花音らが脇を支える。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

17歳の高校生、風間亮(木村延)は、まじめな父・貫太郎(原田大二郎)と母・寛子(中島マリ)、そして最近妙に女らしくなった妹の春菜(福田花音)の4人暮らし。ある日、おばあちゃん(深谷みさお)が危篤との連絡が入り、貫太郎と寛子はおばあちゃんのもとへ向かう。その日、風邪を引いてしまった亮が春菜と二人で留守番をしていると、突然、謎の美少女、佐伯小夜(矢島舞美)が訪ねてきた。小夜は、自分は霊能者で「あなたのおばあちゃんに頼まれてここにきました」と話す。亮は、小夜が何を言っているのか全く理解できなかったが、その日から彼の周囲では不思議な事が起こり始める。不気味な子供たちから禅問答のような説教をされ、亮の友人・正(安田洙福)や宏(石垣祥)、七海(村田藍菜)がおかしくなる。さらには春菜の学校の教師・北山(山本博子)までも……。おばあちゃんの容態の悪化とともに世界のバランスが崩れ始め、魔界を封印する力の継承をめぐり悪霊たちが次々と襲いかかってくる。カギを握るのはおばあちゃんと自称霊能者の小夜。小夜は本当に事態を収拾できるのか。そして亮や春菜たちの運命は……?

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
配給 MIRAI
上映時間 76
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 上野コオイチ
プロデューサー 神品信市
脚本 上野コオイチ
撮影 吉沢和晃
音楽ディレクター TOSHIMITSU
主題歌 北山準也
エグゼクティブプロデューサー 神品信市
助監督 錦戸健太郎
照明 山川邦顕
製作アシスタント 劔持岳
製作ディレクター 西村克也
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 冬の怪談 ぼくとワタシとおばあちゃんの物語