映画-Movie Walker > 作品を探す > カフェ・ソウル

カフェ・ソウルの画像

John-Hoon、斎藤工といった日韓の人気俳優が出演。韓国へやって来た日本人青年と、伝統菓子店に集まった3兄弟の交流を描く。監督は「ボーイ・ミーツ・プサン」の武正晴

3/5
[?]評価方法について
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 50% (1)
星3つ 100% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

韓国・ソウルの片隅にひっそりと佇んでいる伝統菓子店“牡丹堂”は、寡黙だが腕のいい店主・サンウ(チェ・ソンミン)が1人で切り盛りしている。日本から来たフード・ルポライターの井坂順(斎藤工)は、偶然牡丹堂を訪れる。順はサンウの人柄と牡丹堂の味に魅了され、取材することに決める。しかし牡丹堂は、地元のヤクザから立ち退きを迫られていた。その揉め事でサンウは怪我を負い、仕事ができなくなる。そこにサンウの弟・サンヒョク(John-Hoon)が現れるサンヒョクはミュージシャンを目指して家を飛び出していたが、夢破れて帰ってきたのだった。当初、順とサンヒョクは反発し合う。しかし牡丹堂を守ろうと協力するうちに、不思議な友情が芽生えていく。だがそこにヤクザの刺客として、サンウのもう1人の弟・サンジン(キム・ドンウク)が現れ、牡丹堂は窮地に追い込まれる。しかしサンヒョクが作る思い出の味が、牡丹堂の運命とバラバラになってしまった家族の絆を救う。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
配給 アールグレイフィルム=コミュニティ・アド
上映時間 94
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 武正晴
製作 伊藤明博久松猛朗佐伯寛之久保和明朴泰奎
プロデューサー 村田亮谷口広樹ホン・ミンギ
原案 谷口広樹
脚本 金杉弘子
衣装デザイン 浜井貴子ハ・ジン
音楽 Tatsuya
主題歌 the ARROWS
編集 村上雅樹
録音 キム・サンウン
スチール 西永智成
ヘアメイク チェ・ナヨン
助監督 井手上拓哉
照明 ユ・ギョンス
美術監督 チャン・スンチョプ
撮影監督 キム・ビョンジョン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > カフェ・ソウル