映画-Movie Walker > 作品を探す > アマルフィ 女神の報酬

アマルフィ 女神の報酬の画像

異国イタリアで日本人少女誘拐事件に遭遇した、織田裕二扮する外交官の活躍を描くサスペンス。事件の発生を機に、さまざまな人々の思惑が美しき港町アマルフィで交錯する。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 303
レビュー 60
投票 243
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (95)
星4つ 89% (85)
星3つ 89% (85)
星2つ 29% (28)
星1つ 10% (10)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

クリスマス直前のローマ。日本人外交官・黒田康作(織田裕二)が降り立つ。予告されたテロ事件から日本人の安全を守るために派遣されたのだ。その頃、現地日本大使館は、川越外務大臣(平田満)のG8外務大臣会合参加準備に追われていた。そんな中、一人の日本人少女失踪事件が発生。テロとの関連性も疑われる中、黒田は赴任間もない研修生の安達(戸田恵梨香)とともに、この事件の通訳担当を命じられる。だが、少女の母親、紗江子(天海祐希)宛てにかかってきた誘拐犯からの電話を、“夫”として受けてしまったことから、事件に巻き込まれていく。紗江子は、亡き夫との思い出の地イタリアを、娘に見せようと訪れた旅行者だった。誘拐犯に指定された通りに取引に応じる2人だったが、警察のミスによりその介入が知られてしまう。取引は中止となり、彼女は娘の身柄確保よりも犯人逮捕を優先させた警察と、それを止められなかった黒田に対する不信感を募らせる。娘を思って憔悴する紗江子。そんな紗江子を支えるのは、彼女に思いを寄せる商社マン藤井(佐藤浩市)。だが、犯人の動向はつかめず、捜査は一向に進展しない。悩み苦しむ紗江子の姿に、独断での調査を決意する黒田。知人のフリーライター佐伯(福山雅治)の協力を得て事件を探るが、イタリア警察から抗議を受けてしまう。外交官には捜査権限がなかったのだ。組織の体裁よりも日本人の安全確保が自分の仕事と考える黒田は、次第に大使館内で孤立していく。やがて、誘拐事件はイタリア大統領やG8首脳を巻き込み、イタリア全土を襲う大規模連鎖テロへと発展していく。様々な思いが交錯する中、黒田は事件の鍵がイタリア南部の港町アマルフィにあることを突き止める。果たして、犯人の目的とは、黒田が突き止めた事件の全貌とは……?

見たい映画に
登録した人
81

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 125
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 西谷弘
プロデューサー 大多亮
原作 真保裕一
企画 大多亮
主題曲/主題歌 サラ・ブライトマン
エグゼクティブプロデューサー 亀山千広

キャスト

黒田康作 織田裕二
矢上紗江子 天海祐希
安達香苗 戸田恵梨香
藤井昌樹 佐藤浩市
羽場良美 大塚寧々
谷本幹安 伊藤淳史
菊原清文 小野寺昭
川越亘 平田満
西野道生 佐野史郎
サラ・ブライトマン(本人役) サラ・ブライトマン
片岡博嗣 中井貴一
佐伯章悟 福山雅治

レビュー

評価にまどわされず是非観てみて!

投稿者:PYONTA

(投稿日:2009/07/18)

最初に結論。 とっても面白い作品です。007と24を足して…

[続きを読む]

支持者:7人

キレイすぎる

投稿者:エガ子

(投稿日:2012/01/21)

アマルフィの景色がキレイすぎる☆ その中での、先が読めない…

[続きを読む]

支持者:0人

好きなシーンがまず浮かびます。

投稿者:ほし★ママ。

(投稿日:2012/01/07)

原作・真保裕一氏、主演・織田裕二さん。 刑事でも探偵でもな…

[続きを読む]

支持者:0人

『外交官・黒田康作』(2作品)

アンダルシア 女神の報復
アンダルシア 女神の報復 (2011年6月25日公開)

織田裕二主演、2009年製作『アマルフィ 女神の報酬』の続編が劇場版で登場

アマルフィ 女神の報酬
アマルフィ 女神の報酬 (2009年7月18日公開)

織田裕二主演、天海祐希共演、真保裕一原作のラブ・サスペンス

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > アマルフィ 女神の報酬

ムービーウォーカー 上へ戻る