映画-Movie Walker > 作品を探す > ハリー・ポッターと謎のプリンス > レビュー

投稿レビュー(52件)ハリー・ポッターと謎のプリンスは星4つ

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

引き込まれる! (投稿日:2013/10/26)

謎のプリンスは生徒の心の成長が描かれているなと感じました。
テンポもいいし、ストーリーも良かったです。
謎のプリンス見たら、次の死の秘宝を見たくなります!»ガイドライン違反報告

投稿:せーこ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

決戦前夜 (投稿日:2009/10/16)

2001年に第1作が公開されてから8年、主役のハリー、ハーマイオニー、ロンとも随分と大人っぽくなりました。今回はスネイプ先生とドラコが今後どう関わり合っていくのか気になるところで、ヴォルデモート卿との決戦前夜のようなストーリ展開です。

今までの作品の中では一番ストーリ展開がまとまっているように思います。»ガイドライン違反報告

投稿:Diversity

評価:3
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ハーマイオニーがかわいく成長しました。 (投稿日:2009/9/15)

ダークな雰囲気満載。  いよいよ最終章に突入する、という感じは良く分かるが、やや尻切れトンボな印象も残った。

とはいえ、これは年中行事なので最後まで
お付き合いし、無事卒業を目指しましょう!»ガイドライン違反報告

投稿:5050tokyo

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

平坦な展開にがっかり (投稿日:2009/8/30)

▼ネタばれ(クリックして読む)

 前回のハリーポッターは観ていないし、原作は読んでいない。
 でも、ハリーポッターは、それでもおもしろいはず…と期待を持ちすぎたかも。

 戦いのシーンは少ないし、ロマンスが主体?

 消化不良のまま、エンディング。
 この後、まだ、2部あることが判明。
だからなのかな??
 ハーマイオニーが、より美しく魅力的になったことだけが印象に残る作品。»ガイドライン違反報告

投稿:みつ&けい

評価:3
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

次回も楽しみ (投稿日:2009/8/29)

▼ネタばれ(クリックして読む)

公開まで待ちすぎて?前作の内容を忘れてしまっていた。
だけど回想シーンがあったから、何とか思い出し
映画の内容に集中してみることが出来た。

今回の映画は、ラスト2作へのツナギなので、話的には地味な感じ。
実は、見ようかどうか躊躇したけど、これからの作品を見るためには、
って思って観にいった。
原作を読んでないけど、それなりに楽しめたと思う。

ハーマイオニーの恋だとか、みんなお年頃だから学園モノって感じもして、
緊張感ある場面では?と思いつつも、なんか普通でいいなって。

みんな物語と共に、成長していってるけど、想像より顔が変わっちゃったり
特にドラコが・・・。

次回が、また楽しみになった。 »ガイドライン違反報告

投稿:チャッピ

評価:3
星評価

3人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

う~ん? (投稿日:2009/8/24)

かなり期待を持って観に行きましたが、迫力、内容共に期待はずれになってしまい、残念。以前に放映されたものの方が、迫力もありおもしろかった。»ガイドライン違反報告

投稿:ぴぐも

評価:3
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

プロローグ (投稿日:2009/8/19)

さすがに6作も同じキャストで続くと、このシリーズは役者達の1種のアルバムのように思えてくる。そうなると、映画を見ているのにも関わらず、内容より彼らの成長具合に注目してしまうのは私だけだろうか。
今回私が注目したのは、ハーマイオニー役のエマとドラコ役のトムである。なぜならば、今作で目立っていたのが彼らだったからだ。
エマは、さすがシャネルのキャラクターに選ばれただけあり、とても美しく成長していた。強く賢いイメージのあったハーマイオニーが今までになかった恋に苦悩するのだが、そんな揺れ動く彼女の感情を上手く表情で少女の弱さや切なさを表現しており、特に彼女の涙には愛おしさを感じた。典型的な優等生キャラだったハーマイオニーが見せた新たな一面は、この作品の中でも良いアクセントになっており、シリーズ通して見てきた人にとっては、「こうしてエマも、ハーマイオニーも大人になっていくのね。」なんて思ってしまうに違いない。
トム演じるドラコは今作で最も重要なキャラクターである。ドラコに課せられた重たい使命、それに反する心の葛藤、彼もまた闇の帝王の犠牲者なのかもしれない。そんな重要な役どころをトムは見事に演じきっており、「なんてかわいそうな子なんだ……。」と、彼に感情移入せずにはいられなかった。更に、言うならば今作の主役はハリー・ポッターではなくドラコ・マルフォイであると言っても過言ではないと、私は思う。
さて、今作『ハリー・ポッターと謎のプリンス』には、今までのハリー・ポッターシリーズと異なる点がある。今までは、何らかの形でヴォルデモート達との戦いがあり、それが見せ場となっていたのだが、今回は見せ場となるようなアクションシーンがほとんどない。多少の戦うシーンはあるが、今までのものと比べるとあっさりしたものである。
しかしながら、そうなってしまうのも仕方がないのだ。というのも。ハリー・ポッターシリーズは、ご存じのとおり全七作で構成されている。第六作目である今作は、最終章である次回作のプロローグ的な存在とならざるを得ない作品だ。原作は上下巻となっているが、やはり扱いとしては最終決戦に向けた布石という印象を受けた。さらに、前述のとおり上下巻である原作をすべて満遍なく映像化するならば、次回作のように二部構成にする必要がある。
よって、以上の点を踏まえて観たとき、今作はしっかりと原作のポイントを捉え、上手くまとめ上げ、そして娯楽性も忘れずに作られていたと言えるだろう。
残すは『ハリー・ポッターと死の秘宝』のみとなってしまった。しかし、長い戦いの決着は、2011年夏とのこと。まだまだ、ハリー達との冒険は終わらないみたいだ。
これからでも、遅くはない。壮大なる彼らの戦いを見届け、そして、私達の旅を終わらせよう。いざ、2011年夏の決戦に向け、ぜひ観ていただきたい、そんな作品。
»ガイドライン違反報告

投稿:きっちゃん

評価:4
星評価

3人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

キャラ描写が濃い (投稿日:2009/8/17)

ようやく観ました。



上映時間も決して短くはないんですけど、

でも、ものすごく濃くて、凝縮された内容でした。

キャラクター1人1人がとても濃く描かれていて、

ストーリー的には、最終章に向けて、暗くなっていくはずなのに、

全般的にそれを感じない。

まるで、あれ?私、学園ものラブコメディ観に来たんだっけ?

と思わせるような内容に仕上がっている場所が随所にあって、

思わず笑いがこぼれます。

監督のなせる技、というのもありますが、

何年間も彼らの成長をともに見てきたからこそ、

余計に濃く感じるのかもしれない。

誰かを想う涙や、誰かを想う微笑みや、それを理解できる心、

確実に、リアルなティーンエイジャーの日常がそこにありました。



ダンブルドアが、ハリーを見て、

「成長したな。でも、自分には物置に押し込められていた幼いハリーのままだ。」

みたいなことを言うシーンがあって、そこは観ているこちらも、

本当に大きくなったよねぇ。。。としみじみする親戚のおばちゃん状態。笑



それでも、やはり後半は、切なくて、暗くて、やり場のない、

明るいことなんてもうないんじゃないか、と思ってしまうような、

最終章へ向けた哀しい別れが待っています。

でも、たくさんの苦難を乗り越えたハリーの姿はたくましく、

そして、親友ロンとハーマイオニーとの絆に支えられ、

いや、大丈夫、と思えるような一瞬が用意されています。



次で終わってしまうのは淋しいけれど、本当に待ち遠しい。

そんな作品です。»ガイドライン違反報告

投稿:sakuyukarin

評価:4
星評価

3人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

魔法大好き。 (投稿日:2009/8/16)

ヴォルテモート側との展開を期待するなら少し物足りないかもしれません。
魔法が好き☆ハリーを中心に出てくるキャラクターたちが好き♪という方には、ハリポタ今までの作品の中では一番くらいに楽しめるものになるのではないでしょうか。
わたしは、ロンと不思議ちゃんが好きなので特に満足できる作品でした。

»ガイドライン違反報告

投稿:らふろん

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

さらに格好良くなった3人 (投稿日:2009/8/13)

この作品は,当初の予定では昨年の11月末に公開になる予定だったのですが,
配給会社の不明な理由により延期になってしまっていたのでものすごく楽しみにしていたんですね。
しかも,延期になってしまった理由が私の大好きな映画である
クリスチャン・ベール主演の映画「ダークナイト」(クリストファー・ノーラン監督)の
世界的大ヒットだという噂が流れているので,
その噂はあるのかもしれないな~と思ってはいますが,それじゃない理由を願いたいですね。

やっぱり,期待していた人はものすごく多かったんですね。
それが伺えるかのように会場はほぼ満席の状態でしたね。
それくらい,ハリポタファンは全国各地に広がっているんだなぁ~と思いましたね。
これは,大ヒットしてもらいたいと願っている私としては,ものすごく嬉しいですね。

しかも,公開初日にあわてて家に帰宅して
この「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を観に行っている友人もいますので,
それだけでヒットは間違いが無かったといっても過言ではないくらいですね。
それが,1人ではなかったんですからね・・・

ここまで色々と書いていましたが,感想の方を書かさせていただきますね。
この感想を観て思ったのは,最後は感動しちゃったということですね。
なんだかうるうると自然に来てしまう現象が起こっていましたね。
本当にそれくらい素晴らしい作品だと思いますね。
たぶん,最終章である「ハリー・ポッターと死の秘宝」はもっと来ちゃうかも???

後は,かなりの衝撃もありますね。
それを言ってしまったら,完全なネタバレになってしまうので観てのお楽しみですね。
その衝撃は上の感動とちょっとリンクしている部分はありますね。

やっぱり予告編でもわかるとおり,ハーマイオニーがめちゃくちゃすねちゃいますね。
それは,完全な嫉妬なんですけどね・・・

夏休み中にぜひともこの作品を観てみてはいかがでしょうか???»ガイドライン違反報告

投稿:ウォーター

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ハリー・ポッターと謎のプリンス > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る