TOP > 映画作品を探す > Livespire「愛と青春の宝塚 恋よりも生命よりも」

2008年末に52年の歴史の幕を閉じた新宿コマ劇場で上演されたファイナルミュージカルのデジタルシネマ作品。戦争に翻弄されながらも舞台に夢をかけたタカラジェンヌたちの姿を描く。原作・脚本・原詞は「まぼろしの邪馬台国」の大石静。柴吹淳、湖月わたるなど元宝塚トップスターがキャストに名を連ねている。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1939年。華やかな宝塚大劇場の舞台には歌い踊る少女たちの姿が眩しく輝いていた。中でも雪組男役トップのリュータンこと嶺野白雪(柴吹淳・湖月わたる)は圧倒的な存在感で観客を魅了していた。タッチー(彩輝なお・貴城けい)、トモ(星奈優里・大鳥れい)、ベニ(紫城るい・映美くらら)らがそんなリュータンに少しでも近付きたいとまさに夢の一歩を踏み出した初舞台。だが、それは彼女たちに待ち受ける波乱万丈の人生の序章にすぎなかった。雪組の娘役トップの突然の退団によりパートナーを失ったリュータンは、トモを新パートナーに指名。演出家・影山(石井一孝)に抜擢されていたベニは涙を飲む事になった。また、人生の逃げ場を求めて宝塚に飛び込んだようなタッチーは、自分の置き場をなかなか見いだすことができず、迷いながら舞台に立っていた。そんな彼女たちを漫画家志望のオサム(佐藤アツヒロ)はいつも温かな眼差しで見守っているが、日本には次第に戦争の暗い影が迫ってきていた。1944年。宝塚大劇場が海軍中尉・速水(本間憲一)の宣告によって閉鎖される。リュータン、タッチー、トモ、ベニたちは影山らと共に満州などへ慰問に訪れる日々を過ごしていた。そんな折、日本に戻ってきたタッチーが、養父によって売り飛ばされそうになるが、速水に救われる。その時二人は初めて互いの気持ちを知ることになるのだった。1945年。閉鎖されていた映画館、元宝塚キネマ館での公演が許可され、タカラジェンヌたちは再び舞台へ上がることになった。しかし、宝塚周辺の空襲も激しさを増してきていた……。

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
配給 ソニー
上映時間 紫吹/彩輝版(169分)、湖月/貴城版(166分)
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

原作 大石静
脚本 大石静山岡真介
台詞 大石静
演出 鈴木裕美
作曲 三木たかし
音楽監督 清水恵介
作詞 高橋知伽江
振り付け 前田清実
美術 島川とおる
照明 原田保
衣装(デザイン) 有村淳
ヘアメイク 田中エミ
音響効果 実吉英一
アドバイザー 矢部玲司
その他 山岡均
宣伝 西村淳
監督 長嶋永知青山賢治

キャスト

ミネノシラユキ(リュータン) 紫吹淳
ミネノシラユキ(リュータン) 湖月わたる
タチバナイブキ(タッチー) 彩輝なお
タチバナイブキ(タッチー) 貴城けい
ホシカゼスズコ(トモ) 星奈優里
ホシカゼスズコ(トモ) 大島れい
ベニバナホノカ(ベニ) 紫城るい
ベニバナホノカ(ベニ) 映美くらら
ハヤミユウスケ 本間憲一
カゲヤマコウ 石井一孝
オサム 佐藤アツヒロ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > Livespire「愛と青春の宝塚 恋よりも生命よりも」