映画-Movie Walker > 作品を探す > 美代子阿佐ヶ谷気分

美代子阿佐ヶ谷気分の画像

サブカルチャー界の伝説的雑誌、月刊漫画ガロで注目を集めた漫画家・安部愼一と、その恋人との生活を赤裸々に描写。1970年代当時の風俗も織り交ぜ、独特の世界観を再現する。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 11
レビュー 2
投票 9
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (5)
星4つ 60% (3)
星3つ 60% (3)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

70年代初頭。漫画家・安部愼一(水橋研二)は恋人の美代子(町田マリー)と東京・阿佐ヶ谷で同棲生活を送っていた。彼は美代子をモデルにして作品を雑誌「ガロ」に発表、中でも「美代子阿佐ヶ谷気分」は当時の若者たちの鬱屈した空気を軽やかに表現し、彼の代表作となった。自らの体験をもとに創作するという信念を持つ安部は、美代子との関係を確かめるように、美代子の友人・真知子(あんじ)と関係を持つ。同郷の徒である川本(本多章一)は、同じく阿佐ヶ谷で小説家を自称し、自堕落な生活を送っていたが、彼もまた美代子に想いを寄せていた。安部は自らの行為の意味を成立させるために、自分の目前で美代子を抱くよう川本に強要する。だが、それは安部が想像していたよりもはるかに重く罪の意識をもたらすことになった。答えのない疑念に引きずり込まれていく安部は、故郷である福岡・田川の炭鉱の記憶を辿り、自らの性を探りながら罪の意識に苛まれ、私生活と作品世界との境界線を次第に見失っていく。そんな中、創作に行き詰まるようになった安部は故郷に戻り美代子と結婚するが、やがて分裂症を発症、精神病院への入退院を繰り返し、魂の救済を新興宗教に求めていった。一方、「ガロ」編集部内では編集者の松田(佐野史郎)が行方知れずとなった安部を追っていた。類まれなる才能を持ちながら消えてしまった彼を諦めることができないでいたのだ。そんな松田に編集長(林静一)が差し出したのは、安部の現在の連絡先が記された名刺だった。松田が安部を訪ねると、静かな幸せが訪れているかのような安部がそこにいた。精神安定剤を常用し、副作用に悩まされながらも「僕は、一生描きますよ」と松田に告げた彼の目には創作への意欲が光っている。「美代子阿佐ヶ谷気分」を読み返しながら、松田は残酷で美しかった青春期に想いを馳せるのだった……。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
配給 ワイズ出版
上映時間 86
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 坪田義史
製作総指揮 岡田博
プロデューサー 白尾一博宮下昇
原作 安倍愼一
脚本 福田真作坪田義史
撮影 与那覇政之
音楽 Maher Shalal Hash BazTori KUDO恒松正敏TenniscoatsVeno Tagashi武藤健城シューヘイ畠山地平松田眞樹SPARTA LOCALS
美術 田中浩二尾崎雅明
録音 斉藤琢磨
スチール 首藤幹夫杉本育子
ヘアメイク 村木アケミ
助監督 片山昌志
照明 高橋拓
撮影監督 山崎大輔
スタイリスト 吉田実穂

レビュー

昭和の黴臭くて光は入るけど日の差さない木造住宅群の中のような はなし

投稿者:カモミール

(投稿日:2010/03/07)

私は安部慎一作品もガロも読んだことがありません。まずはご承知…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 美代子阿佐ヶ谷気分