映画-Movie Walker > 作品を探す > マン・オン・ワイヤー

マン・オン・ワイヤーの画像

危険な綱渡りに挑んだフランスの大道芸人の姿を描いた、第81回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞作。当時のフィルムや、再現ドラマによって、挑戦の真意を解き明かす。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 18
レビュー 6
投票 12
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 25% (2)
星4つ 100% (8)
星3つ 75% (6)
星2つ 25% (2)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1974年8月7日、23歳のフランス人フィリップ・プティは、ワールド・トレード・センターのツインタワーの間に張られた地上411mの綱で綱渡りを披露する。6年前、ツインタワー建設計画の雑誌記事を目にした彼は、1971年6月、ジャン=ルイ・ブロンデューとジャン=フランソワ・ヘッケルに支えられ、パリのノートルダム大聖堂の2つの尖塔の間の綱渡りを行う。また1973年、オーストラリアの友人マーク・ルイの助けで、シドニーのハーバー・ブリッジ北側の鉄塔で、2度目の違法綱渡りを敢行する。1974年1月、ニューヨークにやってきたフィリップは、ジム・ムーアの協力を得て、何度もツインタワーを訪れる。ジャン=ルイ、マーク、恋人アニーが彼の仲間だった。計画の日、ワールド・トレード・センターの屋上は工事中だった。フィリップとジャン=フランソワは南タワーに、ジャン=ルイとアルバートは北タワーに、工事作業員とビジネスマンに変装して入る。南タワーの82階にある保険会社で働くバリー・グリーンハウスが装置の運搬を許可し、さらに、エレベーター作業員のミスで104階まで上がることができた。フィリップたちは道具を隠し、自分たちも身を潜めた。闇夜の中、作業が始まる。ジャン=ルイはフィリップの合図で綱をつけた矢を放つ。しかし重い鉄のワイヤーが、固定される前に落ちてしまう。ジャン=ルイとアルバートは素手でケーブルを引っ張るが、アルバートが途中で諦めて去る。ジャン=ルイの尽力で何とか綱を固定することはできたが、理想的ではなかった。それでもフィリップは綱の上に足を踏み出す。そして45分間8往復の綱渡りの後、フィリップは不法侵入と治安紊乱行為の罪で逮捕される。しかしその後の裁判で、セントラルパークで子供たちにジャグリングを見せるという条件で容疑は撤回される。港湾管理委員会はフィリップに、永遠に有効と記されたワールド・トレード・センター展望デッキへのVIP許可証を贈呈する。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

原題 MAN ON WIRE
製作年 2008年
製作国 イギリス
配給 エスパース・サロウ
上映時間 95
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

ある男の命を懸けた挑戦

投稿者:TONY

(投稿日:2009/06/13)

正直、あまりこのようなタイプの作品を観た事がない私にとっても…

[続きを読む]

支持者:11人

私、高所恐怖症なんです

投稿者:9

(投稿日:2010/02/12)

ドキュメンタリーだけど、再現ドラマもあるせいか、とてもト…

[続きを読む]

支持者:0人

ミッション インポッシブル

投稿者:2006年から映画

(投稿日:2009/07/16)

ワールドトレードセンターの間で綱渡り。 とても夢が…

[続きを読む]

支持者:2人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > マン・オン・ワイヤー

ムービーウォーカー 上へ戻る