映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 天使と悪魔 > レビュー

投稿レビュー(80件)天使と悪魔は星4つ

楽しみな続編 (投稿日:2019年11月7日)

「ダ・ヴィンチ・コード」が面白かったので見たかったんです。前作同様に宗教色の強い内容ですがとにかくテンポが速い。一時間おきに枢機卿が殺される、という設定上しょうがいかもしれないけどポンポンと謎が解けていくので追いついていくだけって感じになります。
でも面白かった。ラストはやっぱり、とはなりますがそれでも見ごたえ十分で濃い内容の作品でした。3作目も見たいです。 »ガイドライン違反報告

投稿:みるみる

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

もっと謎解きの楽しみがほしい! (投稿日:2012年11月22日)

映画としては、前作「ダ・ヴィンチ・コード」と同じ
ラングドン教授シリーズだね。

テーマは「宗教と科学の対立」
むずかしい・・・
今となっては、こういう対立って少ないのかもしれないけど、
昔は大変だったんだろうな~

おもしろかったよ。

でも、ひとこと言いたい!

もっと謎解きの楽しみがほしい!
話的にはスピード感が必要だったんだろうけど、
勝手に謎解きして、勝手に行動して、
観客はそれを眺めてるだけ。
それって、ちょっと、残念かな。

で、これを言っちゃあおしまいかもしれないけど、

原作のがおもしろい。
映画化するには制約でてくるからだと思うけどね。 »ガイドライン違反報告

投稿:oma

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

どんでんがえし!? (投稿日:2012年1月6日)

前作も観ていませんし、原作も未読です。
でも、巷ですごく話題になってるし
「面白い」とも聞いていたので、字幕版で鑑賞しました。

(近くのシネコン、「吹替」と「字幕」は
 一時間違いで、同じ本数上映されていましたが
 「吹替」の方も結構な入りでした。)

拉致された枢機卿の救出と反物質回収の為
イルミナティの暗号を解きながら
地図を片手に、ローマとヴァチカンの街を走り回る
ラングドン教授とヴィットリア、スイス衛兵隊
カーチェイスあり、危機一髪の救出劇あり。

新しい教皇を選出するために
礼拝堂に閉じこもって行われるコンクラーベ
粛々と進むべき宗教儀式にも
人間のエゴが垣間見えたりします。

見事なコントラストで描かれていく動と静、黒と赤。

歴史的な建造物や芸術作品を見て
教皇の死に始まる行事の数々を知るだけで
もうワクワクドキドキの連続でした。

そして、クライマックス~
胸が熱くなり、涙が止らなくなりました。

なのに~
真相は解き明かされたわけではなかった。
「どんでん返し」がやってきます。
そこで、すすり上げていたのは場内で私くらい。
なさけなぁ~い、涙を返してくれ~
(でも、実は、涙は間違いではありませんでした。)←小声

ラスト、枢機卿の長と教授のやり取りに感動。
残酷なシーンも結構ありましたが
静かな終わり方に「観てよかった」作品です。 »ガイドライン違反報告

投稿:ほし★ママ。

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

1作目の方がよかった (投稿日:2011年10月2日)

主役がトムハンクスなのでもっている作品かと…。
前作のようにキリストの歴史を含んだ話というよりは、残酷さの方が主になっていて、キャストが違っていたら愚作になりそうな感じもします。
3作目も、小説に負けない作品になっていることを期待しますが。 »ガイドライン違反報告

投稿:ムーミン

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

バチカンの謎 (投稿日:2011年9月9日)

教皇暗殺や枢機卿誘拐殺人の難事件を教皇選出の選挙「コンクラーヴェ」を巡り
展開していくストーリーはなじみの薄い私にも判り易く入り込めました。
展開の慌しさはしょうがないところだが、
ロケーションはすばらしい。 »ガイドライン違反報告

投稿:R246Walker

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

宗教と科学 (投稿日:2011年7月1日)

サスペンス・アクションな作品とは思わなかった。
しかも、半日ぐらいの間の物語。
タイムリミットサスペンス。
犯人捜しのミステリー。

とにかくヴァチカンがすごい。
歴史的建築、彫刻溢れた重厚な世界。
ため息が出るほど雄大な歴史あるロケーション。
居るだけでめまいがしそうな程の歴史を感じる街。
どこまで本当のヴァチカンで撮られたのか興味が尽きない。

そしてタイトルである。
見終わってもなにが「天使と悪魔」なのかわからないのだが(見落とした?)
きっと宗教と科学だとおもう、
その時代、異端者は悪魔とののしられ弾圧。
科学などもってのほか。
ガリレオもさぞかし大変だったであろう。
キリスト教の闇の部分である。
そんな宗教が今も生きながらえていることがすごい。 »ガイドライン違反報告

投稿:1013

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

裏切られました。。。 (投稿日:2010年6月13日)

裏切られた!
って言ってもいい意味で裏切られた。
宗教、ヴァチカン、教皇・・・
最初っから「あぁ、たぶん理解無理かな…」
っ思って観ましたが
全然大丈夫でした。
もちろんとっつきにくい題材でしたが
それでも問題なく楽しめました。
今まで観たことのないようなユアン・マクレガーの
内に秘めた演技も素晴らしく
ある意味ユアン・マクレガーにも裏切られました。
ストーリー的にも裏切られたけど。。。

»ガイドライン違反報告

投稿:tom

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

前回と同様 (投稿日:2009年11月30日)

おんなじような作りで、おんなじような解決方法で、舞台が違うくらいな印象でした。

金田一先生の事件簿にちょっと似てるかも »ガイドライン違反報告

投稿:くるくる

評価:2
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

New World Order (投稿日:2009年10月14日)

ハーバード大学の象徴学者、ロバート・ラングドン教授のもとに
ヴァチカンの警察やってきてある殺人事件解決に知恵を貸して欲しいと捜査協力を頼まれる。
事件現場に残された"Illuminati"のアンビグラム。
それは何百年も前に消滅したと思われていた秘密結社イルミナティの印だった。

多くの遺跡がそびえ立つローマ・ヴァチカンを舞台に
ラングドン教授の血塗られた宝探しのような謎解きが始まる・・・。

原作小説の重要人物が出てこなかったり設定が違っていたり、
犯人の犯行の理由が違っていたり、
原作とはだいぶ大きく違う展開になっていましたが、
映画としてわりと楽しめました。
犯行現場が歴史ある教会なので、ローマの観光名所がたくさん映って楽しい

(実はローマへ旅行に行く飛行機の中でこの映画を見ました!)。

でも物語に深みがあるのは断然原作ですね。
相容れないものである宗教と科学がこんな風に重なるんだと
うわーすごい!と感嘆してしまいます。

機会があれば映画を見てからロケ地巡りをするのもおすすめです!
街のすべてにイルミナティの息がかかっているように見えちゃう(笑) »ガイドライン違反報告

投稿:美雨

評価:3
星評価

3人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

集中せねば (投稿日:2009年7月22日)

ユアンが出るので鑑賞。
急展開の場面、油断してぼやっと見てたので、ストーリーの根本がいっしょに見に行った人と違ってて(痛)、結局お互い納得できず。
ストーリーの流れは楽しめたからいいんです!
……なんて…へこんだ…。小説読もう…。

陰惨な殺人in イタリアなので雰囲気だけはハンニバルを思い出した。暗闇に人でない何かが潜んでそうで。
歴史的な建造物ってそれだけで何か持ってるんだよね。

ユアン、おいしい役ですね!
泣き笑いながら満足、満足。 »ガイドライン違反報告

投稿:かのん

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 天使と悪魔 > レビュー