映画-Movie Walker > 作品を探す > キング・コーン 世界を作る魔法の一粒

キング・コーン 世界を作る魔法の一粒の画像

米国の最もポピュラーな作物トウモロコシを題材にしたドキュメンタリー。甘味料、飼料、自動車燃料などの原料となるコーンをめぐる多くの問題点をあぶり出す。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 7
レビュー 3
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (3)
星4つ 66% (2)
星3つ 66% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アメリカ人が口にする食品のほとんどに含まれているコーン。飲料や食料にはコーン・シロップ、豚肉や牛肉もコーンを飼料に育てられたものが多い。自動車の燃料にもなるバイオ・エタノールもコーンから作られる。大学の親友同士であるイアン・チーニーとカート・エリスは、自分たちの食生活を見直そうと、コーンを探る旅に出る。まず彼らが向かったのはアイオワ州北部の田舎町。そこで実際にコーンを栽培しようというのだ。1エーカーの土地を借りて化学肥料で畑を耕す。農業初心者にもかかわらず、わずか18分で3万粒以上の種まきが完了。こうして作られるコーンはどこへ行くのか?コロラド州の牧場では、10万頭以上もの牛をコーンで飼育している。放牧するよりも囲い込んで飼育した方が低コストで効率がよいという。1ドルでハンバーガーが食べられるのはこのおかげだ。だが、コーンで育った牛は病気になりやすい。狭い畜舎にすし詰めにされた牛の様子に食欲を失うイアンとカート。そしてコーン・シロップ。砂糖より安価な甘味料だが、ブルックリンでは、コーン・シロップを大量に含む炭酸飲料による糖尿病が深刻な問題となっていた。アメリカの食料システムをコーンが支えるようになったのは、ニクソン政権時代に確立された補助金制度がきっかけと知った2人は、インディアナ州へ向かう。当時の農務長官、アール・バッツに話を聞くが、彼は現状を問題とは捉えていなかった。11月。旅を終えたイアンとカートはアイオワに戻る。彼らの畑からは4500万キロにも及ぶコーンが収穫された。あまりにも簡単に大量の収穫が得られたその光景はグロテスクですらある。2人はこのまま農業を続けることにうんざりする。そんなとき、とある農場が売りに出され、そこを買い取る2人。だが翌春、その農場では何も栽培されていない。一面に広がるコーン畑の間に、彼らの農場はぽっかりと穴を開けて存在するだけだった。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 KING CORN
製作年 2007年
製作国 アメリカ
配給 インターフィルム
上映時間 90
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

これを見て日常の食をもっと意識するべし。

投稿者:tsubakihara

(投稿日:2009/04/24)

「いのちの食べかた」のシリーズ第2弾などではない。こちらはバ…

[続きを読む]

支持者:2人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > キング・コーン 世界を作る魔法の一粒