島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん|MOVIE WALKER PRESS
MENU

島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん

2009年4月25日公開,112分
  • 上映館を探す

大ベストセラーとなった島田洋七の回想録的小説を、自身が監督を務めて映画化した感動ドラマ。少年時代の彼と厳しくも温かな祖母との絆を、笑いと涙を交えて活写する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

昭和33年。忙しく働く母親だけでは世話ができないと、佐賀に住む祖母のもとへ預けられた小学1年生の昭広。田舎暮らしに戸惑う彼へ、明るく気丈な祖母は“生きるための知恵”を叩き込んでいく。

作品データ

製作年
2009年
製作国
日本
配給
ジョリー・ロジャー
上映時間
112分

[c]島田洋七の「佐賀のがばいばあちゃん」製作委員会・2009 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • のの

    4
    2009/4/23

    もう、お馴染みのお話。
    一人のおばあさんと、その孫の物語。
    お金が無い。
    おかずが無い。
    ご飯が無い。
    でも、愛情あふれる「笑顔」がある。
    びっくりして、納得してしまう「言葉」がある。
    思いやりに満ちた「心」がある。
    大きなスクリーン上では、小さな作品だけれども、
    「ばあちゃんと僕の物語」だから、
    それだけで十分。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告