TOP > 映画作品を探す > 三人娘

ハロルド・モンタニー氏の原作をバーナード・マッコンヴィル氏が脚色し「帰り来し男」「愛? 金?」等と同じくエメット・J・フリン氏が監督したもので「戦禍」「アイアン・ホース」等出演のマッジ・ベラミー嬢と「恐怖の家」「夢と現実」等出演のエセル・クレイトン嬢とが主演し「漂白の踊り子」等出演のフリーマン・ウッド氏「躍る若者」等出演のロバート・ケイン氏及びキャサリン・ペリー嬢、チャールズ・ファーレル氏等が助演している。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

富豪マナーズは妻と3人の娘たちに夫々財産を残して死んだ。娘たちは学窓にあった ので母親は姉娘のゲンドリンに妹のマデランとベティの世話をさせていた。ベティーの誕生日には3人とも家に帰ると約束していたのに当日になると3人とも断ってきたので非常に失望した母親は娘たちが借りているニューヨークのアパートメントに電話をかけてみると娘たちはジャズ会を催していた驚いた母はニューヨークに急行して見るとマデランはテッド、ベティーはジミー、又文学好きの姉娘ゲンはドップス教授と夫々恋に陥ているのを発見し娘たちを救うのに何うしたらよいか思案したあげく、フランスにいる従兄のジョーンズの力を借りることにしてパリに行った。娘たちはパリから母の手紙を受け取った。それにはおまえたちは自由に思い通りに享楽してよいと書いてあった。フランスからデュポウ夫人と称して彼女たちの母は帰ってきて同じアパートメント・ハウスに部屋を借りて贅沢放蕩な生活を始め、娘たちの恋人を皆誘惑してしまった。マデランは怒り悲しんで母の放埒を責めたとき、母は仮面をぬいですべてを語った。それによってテッドとジミーは立派な青年だったがドップスは悪い男であると解り娘たちは母の情けある処置に感謝して不仕鱈な生活を改め真面目な女となった。

作品データ

原題 Wings of Youth
製作年 1925年
製作国 アメリカ
配給 フォックス映画
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 三人娘